既卒面接で「ワークライフバランス」を語るのはNG!その理由とは?

面接で「ワークライフバランス」を語ってはいけない理由とは?
「御社はワークライフバランスを実現できるので志望しました」
「ワークライフバランスは実現できるでしょうか?」

既卒者であれば、面接で「ワークライフバランス」という言葉を口に出すのは避けるべきです。

なぜなら「働きたくないです」と言ってるように受け取られる可能性があるから。

企業が欲しいのは、ワークライフバランス重視の人より仕事一番の人

企業が採用したいのは、仕事に対して意欲的な人です。仕事を一番に考えている人です。

しかし、面接で応募者がワークライフバランスを口に出してしまうと、「この人は定時で働きたいんだな」「働きたくないんだな」と受け取られます。

とくに既卒者は業務未経験です。

仕事に慣れるまでは、簡単な業務にも時間がかかります。

それにもかかわらず、入社する前から「ワークライフバランスを重視したいです」と主張するのは印象が良くないのです。

残業時間や休日出勤について質問する場合は要注意

既卒 (2)
気を付けなければいけないのは、残業時間や休日出勤に関して質問してしまうことです。

面接の最後には必ず、応募者から質問していい時間があります。

その時に「残業時間はどれぐらいですか?」「休日出勤はありますか?」といった質問をしてしまえば、「この人は働きたくないんだな」と面接に判断されます。

残業時間や休日出勤などについて聞きたい時は、質問の仕方を工夫することが大切です。

残業時間や休日出勤をうまく聞き出す方法

残業時間や休日出勤をうまく聞きたいなら、YES・NOで回答できる質問の仕方をしましょう。

例えば、次のような質問の仕方です。

「この業界は忙しいと聞いています。月の残業時間は40時間ぐらいだと覚悟していれば大丈夫でしょうか?」
「この仕事だと、月に2、3回は休日出勤が必要になると思います。いかかでしょうか?」

このように質問すると、

「いや、そんなに残業はしていませんよ。せいぜい20時間ぐらいです」

といったように具体的な残業時間、休日日数を教えてもらえる場合があります。

また、この質問の仕方なら、働くイメージを持てていること、業界・企業研究をしてきていることをアピールできます。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...