「人間関係で困ったこと、トラブルがあったことはありますか?」既卒面接で聞かれた時の注意点と回答例

面接時のマナー
会社で働く場合、必ず周りの社員とコミュニケーションを取る必要があります。一人で黙々と仕事を進めるタイプの職種であっても、上司や先輩とコミュニケーションを取らずに仕事をするのは不可能です。

「人間関係で困ったこと、トラブルがあったことはありますか?」

この質問は、企業という組織で、周りの社員と上手くコミュニケーションを取りながら仕事ができるかを判断するために聞かれるものです。

その他、応募者の人間関係に対する向き合い方で、仕事への姿勢を確認したい、という意図もあります。

回答のする際は、これまでの人間関係で困ったことが「ある」か「ない」かと、その理由や背景を述べるようにしましょう。

「ある・ない」とその理由、背景を述べる

これまで人間関係で困ったことがない場合は、その理由や根拠も述べましょう。

面接官は、「これまで生きて、人間関係で困った経験は誰でもあるはず」という前提でいますので、「ない」と答える場合、面接官を納得させられるような理由が必要がとなります。

例えば、「常に○○ということを心掛けてきたので、人間関係で困るようなことはありませんでした」といったように、必ずその理由、根拠を伝えましょう。

逆に、「人間関係で困ったことがある」と答える場合は、その原因や、解決するために取った行動を伝える必要があります。原因や解決するために取った行動をしっかりと伝えることができないと、「入社しても人間関係のトラブルですぐに辞めるだろう」と判断され、不採用となります。

また、エピソードを語る際は、悪口にならないように注意しましょう。「先輩が無能だったので」などと言ってしまっては、印象がかなり悪くなります。

回答例

アルバイトで新人教育を任された時、全く言うことを聞いてもらえず困ったことがあります。

頭ごなしに注意したのでは、更に反発するだけだと思い、何か不満なことはないか聞くようにしました。また面と向かってだと言いづらいと思いましたので、あえてメールで聞くようにしました。

メールのやりとりを通じて、私が新人に対して、少し上から目線で仕事の指示などをしていたのが原因だと分かりました。新人にはその点を率直に謝罪し、支持の仕方などを改めた結果、しっかりと言うことを聞いてくれるようになりました。

人に何かを教える時や、指示を与える時は、相手にどう伝わっているかを確認しなければならないということを痛感しました。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...