「他社への応募状況と選考の進み具体を教えてください」既卒面接で質問された時の注意点と回答例

既卒の就活
就活では、ほとんどの人が1社だけに的を絞って応募するのではなく、複数の企業に、同時に応募しています。

採用側もそのことを把握しているため、「他社への応募状況と選考の進み具体を教えてください」と質問された時は、基本的に応募状況、選考状況を正直に答えて問題ありません。

ただし、注意が必要となる場合もあります。

応募状況を回答する際の注意点

面接官がこの質問で確認したいのは、応募先の選択基準に一貫性があるかどうかです。

応募している業界、職種がバラバラであれば、面接官は、本当は何がしたいのか分かりません。例えば、IT業界、金融業界、不動産業界など、様々業界に応募していれば、「うちは冷やかしで応募したのか」「ただの面接練習か」と思われてしまいます。

他に応募している企業、職種、業界などを回答する時は、“応募している企業と関連性のある”企業、職種、業界を回答するように注意しましょう。

ただし、業界がバラバラであっても、明確な基準があれば大丈夫です。例えば、法人営業に焦点を当てているのであれば、業界がバラバラであっても納得してもらえるでしょう。

また、ベンチャー企業という軸を持って企業を選んでいるのであれば、その旨を話せば、納得してもらえるでしょう。

選考の進み具合を回答する際の注意点

既に内定をもらっている場合は正直に話す

既に内定をもらっているのであれば、正直に話しても問題はありません。

「内定をもらっているのに就職活動を続けているということは、その企業より自社の志望度の方が高い」と面接官も察してくれます。変に嘘をつく必要はありません。

選考に落ちている場合は、話さなくてもよい

何社か選考を受けていて、しかも不採用になっている場合は、選考状況を聞かれなければ、不採用になっていることを伝える必要はありません。

「○○業界に絞って、応募しております。そのうち2社が選考待ちです」と良い情報だけ伝えて回答を終わらせればいいでしょう。

また現に全ての応募企業が選考待ちである場合も、そのことを正直に伝えましょう。

ただし、先にも説明した通り、応募先の選択基準に一貫性を持たせることは忘れないようにしなければいけません。

回答例

御社の他には、不動産業界の●●や××、旅行業界の●●などを受けています。

業界としては、一貫性はありませんが、専門知識を深め、それをもって社会貢献するというところで応募企業を決めています。

WEBサービスを運営している企業を中心に応募しています。現在、書類選考で面接待ちの企業が2つで、最終面接まで進んでいる企業が1社あります。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...