【既卒就活】やりたい仕事が分からない⇒まずは仮の条件から決める!

やりたい仕事が分からない
「やりたい仕事が分からない」

就活を始めようにも“やりたいとこと”が分からなくて行き詰まってしまうことがあると思います。

しかし心配しなくても大丈夫です。

働いた経験がないのですから、やりたい仕事が見つからなくて当然です。

しかし、仕事を選ぶ上で、何か指針となるものがあった方がいいでしょう。

そのために、まずは“仕事選びの仮の条件”を決めることをおすすめします。

仕事選びの仮の条件とは?

仕事選びの条件
新卒で就職活動をしていた方なら「仕事選びの軸」という言葉は何度も聞いたことばあるのではないでしょうか。

仕事選びの仮の条件とは、仕事選びの軸とも言うことができます。

例えば給料が高い、ベンチャー企業、大企業、定時で帰れる、福利厚生が充実している、など「こんな企業に入社したい」といった条件があると思います。

つまり「なぜ、その仕事を選んだのか」ということになるのです。

内定をもらうためには仕事選びの条件が不可欠

企業から内定をもらうためには“仕事選びの条件”が必要不可欠です。

というのもこの仕事選びの条件が決まっていないと、志望動機を説明できないから。

自分が採用担当者だったとしたら、自分の企業を志望した理由をしっかりと説明できない人なんて絶対に採用したくないですよね。

だからこそ仮でもいいので、仕事選びの条件を決める必要があるのです。

仮の条件を決める手順

仮の条件
続いては、仕事選びの仮の条件を決めるための効果的な手順についてご説明します。

本音の条件を洗い出す

まず、率直にどんな企業で働きたいかを洗い出しましょう。

「休みが多い企業かいい」
「残業が少ない企業がいい」
「安定した企業がいい」
「急成長中の企業がいい」

など、面接では言えないようなことでもいいので「どんな企業に対して魅力を感じるか」を本音ベースでたくさんピックアップしていきましょう。

条件を分類する

思いつくだけ条件を書き出したら、次はその条件を以下の3つのカテゴリーに分類していきます。

  • 範囲が広すぎる条件
  • 仕事に内容にかかわる条件
  • 面接では言えないNGワード

範囲が広すぎる条件

範囲が広すぎる条件とは
「人の役に立つ」「風通しがよい」「成長できる」「充実感がある」
といったような曖昧で抽象的な条件のことです。

このような広すぎて抽象的な条件では仕事を絞ることできません。

また面接の際に「この人は成長してくれそうだ」と思ってもらうためには、もう少し具体的な条件である必要があるのです。

仕事の内容に関わる条件

この「仕事の内容にかかわる条件」は面接で最も自分をアピールするための材料となる条件です。

具体的には下記のようなものが当てはまります。
「営業」「技術」「事務」
「IT業界」「人材業界」「WEB業界」「不動産業界」
「マーケティングの勉強ができる」「数字で自分の成長を実感できる」「専門性を身に着けることができる」

仕事に関する条件は他にもたくさんあるので、自分なりに分類してみてください。

面接では言えないNGワード

最後に面接では言えないようなNGワードについてです。

「残業が少ない」「休日日数が多い」「安定している」

など「面接で言ったらネガティブな印象を与える」条件をピックアップしていきましょう。

「範囲が広すぎる条件」と「仕事に内容にかかわる条件」を整理する

続いて分類した
「範囲が広すぎる条件」
「仕事に内容にかかわる条件」
この二つの条件のから似ているものを探し出して整理してみましょう。

例えば
「ベンチャー企業」「企画に携わりたい」この二つの条件を整理する場合
「ベンチャー企業で早く企画の仕事に携わりたい」
といったようになります。

「法人が相手」「営業職」⇒「法人営業」

「インターネット業界」「成長したい」⇒「WEB広告のベンチャー企業」

「IT業界」「知識を吸収したい」⇒「変化に富んだIT業界」

上記のように整理できるものはどんどん整理していきましょう。

整理した条件を文章化する

最後に整理した仮の条件を文章化していきましょう。

【例】
私の仕事選びの条件は三つあります。
一つ目は未経験からでもWEBディレクターとして企画の仕事に携われるということ。
二つ目が新しい事業にどんどん挑戦していく急進的な企業であるということ。
そして最後に変化に富んだIT業界で知識を身に着け、新卒で入社した同級性に追いつけるよう成長したいと考えています。

あくまで“仮の条件”

やりたい仕事
ここまで仕事選びの仮の条件を決める手順について説明してきましたが、注意点もあります。

まずは条件を狭め過ぎないことです。

条件を狭めすぎてしまうと、受ける企業の幅も狭まってしまい、自分の未知なる可能性に気づかず就活を終えてしまう可能性があります。

また就職活動進めている過程で条件が変わる可能性もあります。

あくまで就活を進めるための”仮の条件”ですので、狭めすぎず、柔軟に対応できるようにしておきましょう。

それでもやりたい仕事が分からない場合

「どれだけ自力でやりたい仕事を探そうとしても、やっぱりわからない」

そんな方は、既卒向け就職エージェントを利用して、プロのコンサルタントの力を借りましょう。

就職エージェントを利用すれば、面談によって、あなたに向いている仕事を見つけ出してくれます。しかも無料です。

その他にも、面接対策や履歴書の添削、優良企業の紹介なども行っているので、就活を楽に進められるよになります。

※就職エージェント一例
※既卒専門エージェントまとめ
エージェントに関する基礎知識と既卒におすすめのエージェント5選
ここでは、既卒・20代のフリーターの方におすすめのエージェントと、エージェントのサポート内容や利用すべき理由などについて解説します。 エージェントについて気になることはす...