「集団の中ではどのようなポジションですか?」既卒面接で質問された時の回答のポイントと回答例

既卒の面接対策
集団をまとめるリーダー的なポジションなのか、聞き役なのか、といった集団の中での役回り、ポジションに関する質問は、高頻度で聞かれるものです。

面接官が知りたいのは、「応募者が職場に溶け込めるかどうか」についてと、「自分のことを客観的に判断できているかどうか」です。

そのため必ずしも、「リーダー的なポジションです」と回答するのが良いとは限りません。

自分を客観的に評価した結果を話す

やはり、リーダーシップを発揮できる人は、企業から重宝がられます。だからといって「リーダー的なポジションです」と回答しても、面接官がそう感じなければ、全く意味はありません。

逆に、「自分を客観的に把握できていない」と判断され、マイナス評価となる場合もあります。

やはり、ここでは自分の位置づけを客観視した上で、正直に、説明した方がいいでしょう。例えリーダーシップがなかったとしても、正直に回答すれば、面接官は応募者が働く具体的なイメージを持つことができます。

「この人は、あの部署でなら上手くやれそうだ」と面接官がシミュレーションすることができるので、正直に話した方が、評価としてはプラスに作用するのです。

回答例

私は今まで、集団のなかでは、リーダー的な役割を務めることが多く、そのようなポジションでこそ、力を発揮できると思っています。

学生時代、ゼミと部活では、副長を任されており、会議の企画や、メンバーの進捗管理をしておりました。その他、トップの参謀役を務めつつ、下のものをまとめる、という役回りをこなしていました。

アルバイトでも他のアルバイトの方をまとめる、バイトリーダー的にことをしており、シフトをまとめたり、仕事の割り振りをしたりしていました。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...