面接対策

【既卒就活】面接でPRポイントを的確に伝えるため注意すべきこと

更新日:

既卒 (2)
面接で既卒になった理由や就活を始めた理由、志望動機など、自分のアピールポイントを話す際に注意すべきことは

  • 言い訳・他責的な発言
  • 辻褄が合わない内容の話

この2つです。

言い訳・他責な発言はNG

面接では言い訳や、人・環境・モノに責任を押し付けるような発言は完全にNGです。

他責的な一面を見せると「この人は成績が伸びないことや、ミスに対して言い訳したり、何かのせいにしたりするような人材だ」と判断されます。

何事のおいても100%自分の責任ということはあり得ず、環境などの要因が必ず存在するものですが、社会人になったら他責的な人間・言い訳ばかりの人間は“仕事ができないヤツ”として判断されます。

そして、できない人材をわざわざ採用するほど企業は優しくありません。それに、他人や環境に責任を押し付けたり、下手な言い訳をしたりする人は誰から見てもかなり印象がよくありません。

逆にどんなことも自分の責任として考え、それを改善するために努力する人材が企業では重宝されます。

言い訳や他責な発言は避け

「新卒の時に就職できなかったのは、自分の○○という点が悪かったと思っております。今は改善するために努力しています」

といったようにアピールにつなげましょう。

辻褄が合わない内容の話はNG

面接 (1)
例えば既卒になった理由が「新卒の時に目指していた会社にこだわりあったけど、結局内定をもらえず既卒になってしまった」という場合、今受けている会社が再チャレンジである場合は全く問題ありません。

しかし全く別の業界・業種の企業を受けている場合

「なぜ、新卒の時のこだわりを今は捨てているの?」

と返され、そして「確固たる志望理由もなくやみくも就活をしている人」と判断されるので注意が必要です。

このように話す内容の辻褄が合っていない場合、内定からは遠ざかってしまいます。

そうならないためにも“仕事選びの条件”をしっかりと明確にしておきましょう。

自分の中で仕事選びの条件が明確になっていれば、志望動機や就職動機など、様々なアピールも難なくクリアできるはずです。

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいですか? 回 ...

-面接対策
-

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.