【徹底解説】既卒就活を成功させる手順

既卒就活。内定獲得までの道のり

本サイト「ReStart」は、既卒者、もしくは20代フリーター・ニートの方の就活を成功させる方法を紹介するサイトです。

これから就活をする方、就活を考えている方は、是非参考にしていただければと思います。

記事一覧

ステップ1:自己分析をする

自己分析をする
既卒の就活でまずはじめるべきことは自己分析です。

なぜ自己分析が重要なのか?

それは、自分についてよく知らないと、選考で自分の魅力をアピールできないからです。

就活を成功させるには、あなたの魅力を企業に伝え、採用される必要があります。

しかし、自分の魅力を知らなければ、自分の魅力をうまく伝えられません。だから自己分析は必要なのです。

その他、自己分析には、「就活の目的を明確にし、就活のモチベーションを保つ」という目的もあります。

いずれにしても自己分析は就活で欠かせない作業です。

新卒のときに自己分析をした方も、今一度、自己分析を行いましょう。

既卒の自己分析のやり方

自己分析で明確にすべき4つのこと

既卒が自己分析で明確にすべきことは、主に以下の4つです。

  1. なぜ既卒になったのか?
  2. なぜ就職しようと思ったのか?
  3. 自分の強み・弱みはなにか?
  4. どんな仕事に就きたいか?

上記4つが明確になっていればとりあえず自己分析は問題ありません。

具体的な自己分析のやり方については、以下のページで解説しています。

【既卒就活】自己分析をする時の4つの注意点と具体的な方法
既卒としての就活を成功させるために自己分析は大変重要な作業です。 企業から「是非、うちの会社で働いてもらいたい」と思ってもらうためには、自分自身の魅力を最大限に伝える必要...
【既卒就活】やりたい仕事が分からない⇒まずは仮の条件から決める!
「やりたい仕事が分からない」 就活を始めようにも“やりたいとこと”が分からなくて行き詰まってしまうことがあると思います。 しかし心配しなくても大丈夫です。 働...
「やりたい仕事がわからなくて就活ができない」時の5つの対処法【既卒向け】
就職しなければいけないけど、やりたいことがわからない。 やりたいことがわからないから就活もやる気がしない。 そんな悩みを抱えている既卒の方のために、「やりたい仕事が...

自己分析が面倒な場合は?

「自己分析をやるのが面倒」
「自己分析のやり方がわからない」

という方は、就職サポートサービス(いわゆるエージェント)を利用して、プロのキャリアアドバイザーに自己分析をお願いするのがおすすめです。

※自己分析をサポートしてくれる既卒向け就職サポートサービス(全無料)

ステップ2:就職サイト・就職サービスに登録して情報収集をする

就職サービスに登録する
ざっくり自己分析ができたら、応募する企業を探しましょう。

既卒が企業に就職する方法は2つあります。

  • 企業に直接応募する
  • 就職サイト・就職サービスを利用して企業に応募する

企業に直接応募する方法もありますが、現実的ではありません。

やはり就職サイト・就職サービスに登録して、企業に応募する方が効率的です。

既卒は既卒向けの就職サイト・就職サービスを利用する

既卒は、既卒向けの就職サイト・就職サービスを利用することをおすすめします。

既卒であっても、新卒向け就職サイトや中途向け転職サイトを利用できます。

しかしそういったサイト・サービスで見つけられる求人は、既卒を対象にしたものではありません。

つまり、既卒を求めていない企業。

既卒を求めていない企業に、既卒が応募しても勝算はありません。

一方で、既卒向けの就職サイト・就職サービスで見つかる求人は、すべて既卒を求めている企業です。

新卒向け就職サイトや中途向け転職サイトに比べ、圧倒的に内定を獲得しやすいのです。

ですから、よほどの理由がない限り、既卒向けの就職サイト・就職サービスを利用するようにしましょう。

プロのサポートを受けられる就職サービス(エージェント)を利用する

就職エージェントと面談
就職サイト・サービスは、できればプロのサポートがあるものを利用しましょう。

プロのサポートがある就職サービスのことを、エージェントという場合があるのですが、このようなサービスを使えば、プロのキャリアアドバイザーが、内定がもらえるまで、付きっきりでサポートしてくれます。

たとえば、向いている仕事を教えてくれたり、面接対策をしてくれたり、優良企業を紹介してくれたり。

しかもこれらのサポートはすべて無料です。

かなり就活が楽になるので、できればサポートがあるサービス(エージェント)を利用しましょう。

※エージェントについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

就職エージェントとは? エージェントの基礎知識と既卒におすすめのエージェント5選
ここでは、既卒・20代のフリーターの方におすすめのエージェントと、エージェントのサポート内容や利用すべき理由などについて解説します。 エージェントについて気になることはす...

既卒向けの就職サイト・サービス一覧

サイト名特徴
第二新卒AGENTneo
既卒向け就職サイト「第二新卒エージェントNEO」
「就職転職満足度NO.1」の実績がある既卒・20代のフリーター・ニート専門の就職エージェント。プロのコンサルタントによる就職サポートを受けられるほか、企業とは別の内定者研修を受けられる。また、紹介してもらえる企業は、すべて優良企業なので、安心して企業選びが可能。
DYM就職
既卒向け就職エージェント「DYM就職」
就職率96%の実績がある既卒・フリーター向けの就職エージェント。プロのキャリアアドバイザーによる就職サポートを受けられる。紹介してもらえる企業は、すべて書類選考なし。面接から選考を受けられるので、短期内定も可能。大手企業や優良ベンチャー企業の求人も多数。
いい就職.com
既卒の就活サイト いい就職.com
既卒・フリーター向けの就職エージェント。既卒向けのイベント・セミナーが充実している。セミナー以外にも、キャリアアドバイザーによる就職サポートを受けられる。大手企業の求人も多数ある。
JAIC
既卒専門就職エージェント「JAIC」
就職成功率80%、入社後の定着率94%の実績がある既卒・フリーター向けの就職エージェント。7日間の就職研修で、就活ノウハウやビジネスマナーを習得可能。研修を受けると、書類選考なしで企業と面接ができる面接会に参加可能。参加する企業はすべて厳選された優良企業。
マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
大手マイナビが運営するエージェント。既卒も利用可能。プロのキャリアアドバイザーによる就職サポートを受けられるほか、信頼性の高い自己分析診断を受けられる。自分に向いている仕事がわかる。
ウズキャリ
既卒就活「ウズウズキャリアセンター」
他社の倍、時間をかけてサポートしてくれる既卒向け就職エージェント。ブラック企業を除外し、優良企業だけを紹介してもらえる。内定率86%の実績あり。

その他参考記事

倒産しにくい会社・安定した会社の3つの条件と安定した生活を送るために大切なこと
一部上場の大企業がつぶれる時代。 倒産しにくい会社、安定した会社を見分けるにはどうしたらいいのか? ここでは倒産しにくい会社・安定した会社の3つの条件を紹介しま...
優良企業を見抜くために企業・採用ホームページで見るべき3つのポイント
どうすれば優良企業を見抜けるのか? 面接、社員に質問、会社見学などさまざま方法がありますが、企業ホームページ・採用ページも優良企業を見抜くうえで重宝します。 ではど...
就活サイト・エージェント選び
「就活サイト・エージェント選び」の記事一覧です。

ステップ3:履歴書・職務経歴書を準備する

応募書類対策
企業に応募する場合は、ほぼ必ず履歴書が必要となります。

また企業によっては職務経歴書の提出を求められる場合も。

履歴書と職務経歴書の書き方について以下のページが参考になります。

既卒の就活。履歴書に何を書くべき?|既卒者が就活する時のポイント! |【エン転職】
既卒者が、就職活動をする場合の履歴書の書き方をご紹介します。既卒者がすぐに使える履歴書テンプレ―トや、履歴書内の経歴・自己PRなどの書き方、就活のコツなどをまとめています。学校を卒業後、はじめての就職活動をする方は必見。ぜひご参考ください。
【既卒就活】履歴書を作成にする際に注意すべき12のポイントまとめ
履歴書は面倒で時間のかかるものです。 しかしここでミスをしてしまうと面接まで進むことができません。 ミスは100%なくし、完璧な履歴書を作成しましょう。 ...
職務経歴書の書き方|フォーマットダウンロード|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's
職務経歴書の書き方をご紹介します。職務経歴書のサンプル(Word、Excel、PDF)もダウンロード可。マイナビジョブ20'sは、20代のための無料転職支援(人材紹介)サービスです。キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングを通して、20代の転職をトータルにサポートします。
既卒就活に職務経歴書は必要か? 職務経歴書の書き方と役割
職務経歴書についてあまり馴染みがない既卒の方もいると思います。 しかし職務経歴書は自身のスキルや経験をアピールするために不可欠の書類であり、きちんと作成するべきです。 ...
アルバイト経験しかない既卒は職務経歴書に何を書けばいいのか?
社会人経験のない既卒者であっても、企業に応募するとき職務経歴書の提出を求められる場合があります。 「アルバイト経験しかないのに、何を書けばいいのかわからない」「どんな...

ステップ4:面接対策をする

面接対策をする
面接を突破するために大切なのは、何よりも第一印象です。

第一印象さえよければ、ほとんどの面接は通過できるほどいえるほど。

なぜそれほどまでに第一印象が大切なのかについては以下のページで解説しています。

既卒が面接で第一印象を良くするために気を付けたい5つのこと
面接は採用担当者と就職希望者がお互いを理解し合うためのコミュニケーションの場であり、第一印象はとても大切です。 最初の挨拶でつまずいてしまうと、どれだけ素晴らしい内容の自...

またこちらの記事では第一印象が悪くなる、面接でのNG言動をまとめて解説しています。

面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...

面接の想定質問はこちら

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...

※面接対策の記事一覧はこちら

面接対策
「面接対策」の記事一覧です。

ステップ5:内定・入社日の調整

見事内定をもらったら、採用企業と入社日を調整します。

新卒の場合は大学を卒業しなければいけないので、4月一斉入社が基本です。

一方、既卒は大学生ではないので、内定をもらったら即入社が基本となります。即入社といっても「次の月の月初」「アルバイトを辞めてから」などを数日、数週間の猶予は設けてくれます。

ただし、特別な理由もないので、「1ヶ月以上先にしてほしい」「4月入社がいい」といった企業は聞いてもらえません。

わがままをいうと内定を取り消される場合も。「内定をもらったら即入社」が基本であることを念頭に置いておきましょう。

既卒就活におすすめの本3冊