【既卒就活】内定を辞退する時の連絡方法、トーク例、注意点など

既卒就活内定辞退
内定を辞退したい時、「どのような理由で辞退すればいいのか?」「メールでもいいのか、それとも電話した方がいいのか?」など悩むことがたくさんあると思います。

このページでは内定を辞退したい時の連絡方法や注意点、辞退の理由の伝え方などについて詳しく紹介していきます。

また内定を保留にしたいときの説明例は以下のページで解説しています。

既卒就活!内定を保留にする時の注意点と保留可能期間、連絡法
既卒の就活の場合、基本的に内定は保留できないと覚悟しておいた方がいでしょう。 また、保留にできたとしても、1週間が限界です。新卒の時のように数週間待ってくれることはりませ...
スポンサーリンク

内定辞退の連絡は電話か? メールか?

メールで内定の連絡をもらうことが増えていますが、その場合でも、電話で連絡をするが望ましいです。

求職者側の都合で企業に迷惑をかけるのですから、誠意を見せるためにも電話で伝えるべきです。

逆に電話で内定を言われたのに、メールで内定辞退の連絡をするのはかなり失礼です。

内定辞退の連絡はいつまでか?

新卒の就活であれば、入社するのか、辞退するのかの回答を1週間程度待ってくれたかもしれませんが、既卒の就活では、待ってくれません。回答を待ってくれたとしても1日程度でしょう。

そのため、できるだけ早く、内定をもらったその日のうちに、内定辞退の連絡をするのが望ましいです。

電話で内定の連絡があったなら、その電話で「辞退します」と伝えます。メールで内定を通知されたなら、メールを受け取ったその日のうちに、辞退の連絡を電話でするべきです。

内定を保留している場合は、いつまでに正式な回答を出すか、企業側と決めていると思います。その日までに電話で連絡するようにしましょう。

内定辞退の理由はどう答えるべきか?

内定を辞退する場合、必ずその理由を聞かれます。

しかしここでは、「御社のここが劣っていて」「同業の○○社の方が魅力的で」といった具体的な回答をする必要はありません。

「○○社が是非にと言ってくださったので、辞退させていただきます」とシンプルな答え方をすれば問題ないでしょう。

内定辞退の連絡をする時のトーク例

内定の通知をいただきました、木村太郎と申します。

この度は評価してくださりありがとうございました。

せっかく内定をいただいたのに、誠に申し訳ないのですが、選考を受けていた別の企業が是非にと言ってくださったので、ご辞退させていただければと思います。

御社にはご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございませんでした。

また、こちらページでは内定を保留にしたい時の注意点やトーク例などを解説していますので、興味のある方はご覧んください。