面接の逆質問で【労働条件】について質問するのはNGなのか?

最後の質問 面接官
面接の逆質問の時、「残業手当はつきますか?」「休日出勤はどれぐらいありますか?」「福利厚生はどうでしょうか?」といったように労働条件に関することばかり質問するのはかなり印象が悪いです。

それまで素晴らしい自己PRや志望動機を語っていたとしても、その時点で採用を見送られる可能性があります。

労働条件の質問ばかりだと入社意欲を疑われる

志望動機
給料や福利厚生は、働く上で大切です。本来、労働条件の質問がタブーとされること自体、おかしな話です。

しかし、業務内容について全く聞かず、労働条件のことばかり質問すると、採用側はこう思います。

「福利厚生が充実していて、給料が良ければどの会社でもいいのか?」

つまり、入社意欲を疑われるのです。それまで立派な志望動機を語っていたとしても、最後の質問が労働条件に関することだけであれば、当然です。

もちろん労働条件について一つも質問するなというわけではありません。しかし、既卒者であれば、企業で正社員として働くのは初めてという人がほとんどでしょう。そうであれば、本来、業務内容について質問したいことが山ほどあってしかるべきです。

どんな会社なのか、どんな仕事なのか、どんな人と働くのか、これらのことを根掘り葉掘り質問するようでなければ、入社意欲を示すことはできません。しっかりと企業研究をして、業務内容、企業に関する質問を用意しておきましょう。

労働条件について質問する方法

面接で質問する
ストレートに「月の平均残業時間はどれぐらいですか?」などと質問すれば、「働きたくないのか?」と疑われるだけです。

労働条件について質問する場合は、その質問の仕方に工夫が必要です。

「Yes・No」で回答できる質問の仕方をする

例えば、「この業界ですと月40時間ぐらいは残業があると覚悟しておけばよろしいでしょうか?」といったように質問しましょう。

Yesなら、「そうですね」と面接官は回答します。Noであるなら「そんなに残業はありませよ。月20時間ぐらいですかね」といったように回答してくれます。

また、このような質問の仕方をすることで、働くイメージがしっかりできていること、企業研究・業界研究をしていることをアピールできます。

その他、休日出勤や福利厚生についても、「Yes・No」で回答できる質問の仕方をすることで、自身の印象を悪くせずに労働条件を確認できます。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...