面接官の話に対してリアクションが薄いのはNG!面接官の話はしっかり反応する

面接官の話に対してリアクションが薄いのはNG
面接官が仕事内容を話しているのに、小さな声で「あ、はい」と言うだけだったり、うなずくだけだったり。

面接官が話している時、相づちや返事がほとんどなくリアクションが薄い人がいますが、これは絶対にやってはいけません。

リアクションが薄いとしっかりと聞いてくれているか、話を理解しているのか分からないからです。

また、「コミュニケーション力が乏しい人」「元気がない人」と判断される可能性もあります。リアクションが薄いのは選考でマイナスになるのです。

話に対する反応は少しくらい大げさな方がいい

面接官に気持ちよく話してもらうため、一緒に働く人間として問題ないと判断してもらうため、自然な相づちや返事を心掛けなければいけません。

むしろ少しくらい大げさな方がいいです。うるさいぐらい声が大きいいのも問題ですが、少しくらい大きめにリアクションした方が、印象は良いでしょう。

特に、普段から声が小さいと言われる人や、反応が薄いと言われることのなる人は、余計に意識しましょう。

逆質問の時もリアクションに注意する

もう一つ注意しておくべきことは、逆質問の時に、面接官が自分の質問に答えてくれたのに「はい」だけで返事を終わらせてしまうことです。

せっかく面接官が質問に答えてくれたのですから、「そういことだったんですか、ありがとうございました」というべきです。

「はい」だけでは、面接官は自分の話をしっかりと理解してくれたかがわからず、釈然としない気分になります。面接でのあなたの印象も薄くなるでしょう。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...