面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】

バツを作る男性社員
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。

このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言動が命取りになる可能性があります。

このページでは、「面接でこれをやったらアウト!」という面接でのNG言動をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

面接官が入室したとき、すわったまま挨拶をしてしまう

面接官が入室したとき、すわったまま挨拶をしてしまうのは絶対にNGです。最悪な第一印象を面接官に与えることになります。

面接官が入室したら、必ず起立して「本日はよろしくお願いします」と挨拶します。面接官に「どうぞお座りください」と言われるまで着席してはいけません。

その他、下記の行動もマナー違反なので注意しましょう。

  • 足を組む
  • 手を組んでテーブルの上に乗せる
  • 背もたれに寄りかかる

これらは就職本に必ずといっていいほど記載されている基本的なマナーであり、守れていないと「就活をなめている、適当な気持ちで就活に臨んでいる」と判断されてしまいます。

「先ほども申し上げましたが」と言ってしまう

「先ほども申し上げましたが」と言ってから話を始めるのは絶対にNGです。

面接官はこれを言われると「もしかして同じ質問をしてしまっているのではないか」と焦ったり、面接官によっては、わざわざ前置きすることに対してカチンときます。

そもそもあってもなくても支障ない言葉です。わざわざ使う必要はありません。

ガキ言葉・おかしな日本語を使う

下記のような言葉は「ガキ言葉」といい面接で使うと幼稚だと思われ印象が悪くなります。

  • ガチで
  • めっちゃ
  • ○○なんですよね
  • っていうか

また、こちらは日本語としておかしな言葉です。

  • ○○系
  • ○○的な
  • 自分的には
  • なるほどですね
  • バイトのほうをしていまして
  • 2社ほど受けています(正しくは、2社受けています)

これらの言葉は使わないようにしましょう。

「うん」と相槌をする

面接の場での相槌は「はい」です。

そもそも目上、年上の人に対して「うん」と相槌するのはとても失礼です。

一度でも「うん」などと相槌をしてしまうと、その時点不採用になる可能性があるので、注意しましょう。

面接官の話に対してリアクションが薄い

面接官が仕事内容を話しているのに、小さな声で「あ、はい」と言うだけだったり、うなずくだけだったり、相づちや返事などがほとどなくリアクションが薄いのはNGです。

リアクションが薄いと、面接官は話をしっかり聞いてくれているか、理解しているのか分からず、どのように話を進めたらいいのか分からなくなります。

それだけでなく、「コミュニケーション力が乏しい人」「元気がない人」と判断される場合もあり、選考ではマイナス評価になります。

面接でのリアクションは少しくらい大きなほうが無難です。

面接の最後の逆質問の時も、面接官がこちらの質問に答えてくれたら、「はい」だけで終わらせず、何かしら言葉を加えて反応するようにしましょう。

面接官の質問に対して「はい・いいえ」と単調な回答をしてしまう

「卒業大学は○○ですね?」「給料は21万円になりますがよろしいですか?」といった条件確認や経歴確認などに関する質問は、「はい・いいえ」だけで、回答して問題ありません。

しかし、「趣味は読書ですか?」「大学ではインターネットマーケティングについて勉強していたのですか?」といった志望動機や自己PRに関連する内容について質問された時は、「はい・いいえ」の回答で終わらせるのではなく、詳細を自分から説明するべきです。

例えば、「趣味は読書ですか?」と聞かれたら、「はい。特に堀江貴文さん書いたビジネス書を読むのが好きです」
ぐらいの回答はするべきです。

そうでないと、コミュニケーション力がない、面接を受ける気がない、などとネガティブな評価をされてしまいます。

「社会貢献したい」と面接でアピールしてしまう

「社会貢献したい!」という気持ちは大切です。しかし、会社が求めているのは、会社に利益をもたらしてくれる人です。

社会貢献願望ばかりアピールしてしまうと、「会社の利益にあまり興味がないのではないか?」と面接官は不安を抱きます。最悪の場合、「そんなに社会貢献したいならボランティアでもしたら?」と思われてしまい、即不採用になります。

そもそもすべての企業は社会に役立つサービスやモノを提供しています。(違法なビジネスを除いて)そのため、面接で「社会貢献したい」などとアピールする必要はないのです。

「コミュニケーション力があります」とという自己PRをしてしまう

面接で、「私はコミュニケーション力に自信があります」と自己PRをする人がいますが、このような自己PRは、絶対にするべきではありません。

その理由は3つあります。

  1. コミュニケーション力は簡単に身につくものではないから
  2. 「コミュニケーション力」という言葉自体が曖昧だから
  3. コミュニケーション力の有無は自己PRするものではなく他人が判断するものだから

コミュニケーション力は簡単に身につくものではない

社会人にとって、コミュニケーション力は非常に重要なスキルです。

そのためビジネスパーソンは、どうにかコミュニケーション力を鍛えようと、毎日努力しています。

それでもなかなか身につけることができず、多くのビジネスパーソンがコミュニケーション力に悩んでいます。

そんなビジネスパーソンに対して、こないだまで学生だった人間が、「コミュニケーション力があります」などと軽々しくいえば、相手(面接官)は、「うぬぼれるな」という気になります。

面接官からすれば、「お前にコミュニケーションの何がわかるんだ!」となるのです。

だからこそ安易にコミュニケーション力の自己PRはしない方がいいのです。

「コミュニケーション力」という言葉自体が曖昧だから

コミュニケーション力といってもそれが具体的にどんな能力なのか、わからないのです。

たとえば、

「誰とでも分け隔てなく会話できる能力」
「論理的に話せる能力」
「話を聞く能力」

これらの能力もすべてコミュニケーション力ということができます。

そのため、「コミュニケーション力がある」とアピールするだけでは、具体的に何ができるのか、面接官はわからないのです。

もし、人前で話すのが得意ならば「人前で話すのが得意です」とアピールするべきです。

聞く能力があるのなら、具体的にエピソードとともに「聞く能力があります」とアピールするべきです。

安易に「コミュニケーション力があります」と自己PRしても、具体的な話がないので、印象が悪くなるだけです。

コミュニケーション力の、どの部分が得意なのかを分解して語るぐらいの工夫は必要です。

コミュニケーション力の有無は自己PRするものではなく他人が判断するもの

そもそも、コミュニケーション力があるかどうかは、自分ではなく他人が決めるものです。

聞いている側が、「あの人の話はわかりやすい」「あの人はとても交渉がうまい」と判断するもの。

決して自分から「コミュニケーション力があります」と自らいうべきものではありません。

できれば他の能力、経験をアピールするようにしましょう。

「私は参謀タイプです」とアピールしてしまう

企業が求めているのは、参謀ではなく、先頭をきって主体的に仕事をし、周りを引っ張ってくれる人です。

「私は参謀タイプです」と伝えてもアピールになりません。むしろ「何も考えていない安易な自己PR」と受け取られます。

もし自分が先頭をきるタイプでないのなら、「人をサポートするのが得意です」「周りに気を配れます」といったことを、具体的なエピソードを交えて話すようにしましょう。

聞かれていないことまで話す・話が脱線する

経歴を聞かれているのに、志望動機や自分の長所を話してしまうといったように、聞かれていないこと話したり、話が脱線するのはNGです。

余計なことをダラダラ話してしまうと、重要なことが印象に残らないまま面接が終わってしまいます。

他の候補者と比較された時、採用されるのはより印象に残ってる人です。面接官に自分の印象を記憶してもらえるよう、志望動機を聞かれたら志望動機だけを、自己PRを聞かれたら自己PRだけを回答するようにしましょう。

志望動機で「社風が気に入った」と言ってしまう

「御社の社風が気に入ったので志望しました」

上記のように社風を理由に志望動機を語るのはNGです。

面接官からすれば、「なんでうちで働いたこともないのに社風がわかるの?」という感じです。

そもそも社風はとても漠然としたもので、同じ会社の人でも、社風の捉え方は人それぞれです。

同じ会社でも、「アットホームな社風」と捉える人もいれば、「プライベートまで入り込む面倒な社風」とと耐える人もいます。

社長や人事部ですら、自社の社風を明確に回答できない場合も。

そんな曖昧な要素である「社風」は、志望動機にはなりえないのです。

志望動機で「エージェントに紹介されたので・スカウトをいただいたので」と言ってしまう

「エージェントに合っていると言われたので」
「業績が伸びている素晴らしい企業だとエージェントが言っていたので」
「是非とも、というスカウトをいただいたので」

これらを志望動機として語れば、即、不採用です。

そもそも志望動機は「応募した理由」ではなく「入社したい理由」を回答する必要があります。つまり、「エージェントに合っていると言われたので」というのは、志望動機になっていないのです。

また、「自分の意志で応募したわけではない」と言っているようにも聞こえるので、かなり印象が悪いです。

「ワークライフバランスを重視したい」と言ってしまう

面接で「ワークライフバランスを重視したい」と言うと、面接官は「そんなに働きたくないのか?」と思います。

特に、業務経験やスキルのない既卒者は、入社しても仕事に慣れるまで時間がかかります。それにも関わらず、入社前から「プライベートも充実させたい」などという発言は受け入れてもらえないのです。

仕事を続けて上で、「ワークライフバランス」が大切であることは間違いありません。しかし面接のときは、語らないように注意しましょう。「仕事が一番です」とアピールする方が無難です。

「人に感謝される仕事がしたい」と言ってしまう

すべての仕事は、少なからず人に感謝される仕事です。

反社会的な仕事、違法な仕事を除いて、人から感謝されない仕事など存在しません。

人に感謝されているからこそ、お金を稼げているのです。

志望動機や自己PRで「人に感謝される仕事がしたい」と発言すると、面接官は「逆に感謝されない仕事って何?」と思ってしまうのです。

感謝を身近に感じられる仕事がしたい」という趣旨の回答をする

「人に感謝される仕事がしたい」ではなく、「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」と伝えるようにしましょう。

このように伝えれば、面接官も納得してくれます。

すべての仕事は誰かに感謝されていますが、「感謝されている」ことを感じる機会が少ない業種や職種はあります。

たとえば、経理や事務職ならばお客様から直接「ありがとう」と言ってもらえる機会はありませんし、BtoBで部品の製作を担当している場合なども同様です。

これらの仕事はお客様と直接言葉を交わす機会がないため、感謝を感じづらい仕事です。

これを踏まえた上で、

「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」
「人が感謝してくれることをより身近に感じられる仕事がしたい」

といった回答をしましょう。これなら面接官も納得してくれるでしょう。

逆質問の時に「御社の社風を教えてください」と質問してしまう

前述の通り、社風の感じ方は人それぞれです。

ですから面接で、「御社の社風を教えてください」と質問しても、

「社内の雰囲気を知りたいのか? 社員の傾向を知りたいのか? それとも当たり障りのない質問したのか?」などと回答に困ります。

面接官は、配慮のない質問にカチンとくるかもしれません。

会社の雰囲気が知りたいなら以下のように、もう少し具体的な質問をするようにしましょう。

「御社は協調性を重んじる和気あいあいとした会社なのか、それともバリバリ働く体育会系の会社なのか、どちらか教えていただけますか?」

「挑戦を応援する会社、とホームページにありましたが、実際に働いていて挑戦させてもらったと思う経験がありましたら教えてください」

といったように、具体的な質問をすれば、印象が悪くなることもないでしょう。

逆質問の時に労働条件ばかり質問する

「残業手当はつきますか?」
「休日出勤はどれぐらいありますか?」
「福利厚生はどうでしょうか?」

労働条件に関することばかり質問すると、入社意欲、労働意欲を疑われます。

質問の仕方には注意が必要です。

例えば、「この業界ですと月40時間ぐらいは残業があると覚悟しておけばよろしいでしょうか?」といったように「Yes・No」で回答できる質問の仕方をすることで、自身の印象を悪くせずに労働条件を確認できます。

Yesなら、「そうですね」と回答してくれます。Noであるなら「そんなに残業はありませよ。月20時間ぐらいですかね」と回答してくれます。

また、働くイメージがしっかりできていること、企業研究・業界研究をしていることをアピールできます。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言動が命...
【既卒の面接質問集】面接で聞かれる18の質問の回答ポイントと回答例まとめ
既卒が面接で聞かれる可能性が高い質問をまとめてました。 質問の意図、回答のポイント、回答例も記載しているので参考にしていただければと思います。 なぜ既卒になったのですか...

※参考図書