【既卒就活】面接を受けるか迷った場合は、とりあえず受ける!

既卒向け就活サイト
書類選考が通過したにもかかわらず、面接に行くかどうかで迷うこともあると思います。

しかし、既卒採用の選考は基本的にスピーディーに進むので、面接を受けるかどうかの返事を先送りにすることは許されません。

迷うのであれば、とりあえず面接を受けてみることをおすすめします。

既卒就活の選考はスピーディーに進む

既卒採用の流れはスピーディーに進む
既卒採用は新卒採用と違い流れがスピーディーです。

応募書類を提出した後、面接のオファーがあれば、すぐに予定を調整して会社を訪問することになります。また、面接の結果も基本的には次の日、遅くても1週間以内に通知されます。

2次面接のオファーがあれば、その場ですぐに日程を調整して参加しなければいけません。

面接のオファーをもらった段階で、こちらが乗り気になれない時もあるのは仕方がないこともしれませんが、迷って返事を引き伸ばすのはマナー違反です。

返事をしない間、その会社の採用活動はストップします。面接に参加しないのであれば、その旨を即連絡しないと、企業は他の応募者の選考を進められません。

応募者の返事が遅い場合は、企業から強引に不採用を言い渡される可能性もあるのです。

面接を受けるか迷うなら、とりあえず受ける

既卒でも利用できる
本当のこの企業でいいのか、迷うのであればとりあえず面接を受けて、自分の目で確かめた上で判断すればいいのです。

もし不採用になれば、その企業とは縁がなかったと諦められますし、また次の面接に進むようであれば、改めて企業を確かめられます。

とりあえず面接を受けておけば、どちらの結果になっても、納得できるはずです。

基本的に、ある程度興味のある企業の面接をすべて受けた方が良いでしょう。その上で、他社も同時に進めてスケジュール調整を行っていくことが大切です。

もちろん志望度の高い企業の面接があるなら、そちらを最優先させるべきです。

就職エージェントを使ってプロにアドバイスをもらう

「既卒向け求人の探し方が分からない」
「履歴書の書き方が分からない」
「面接が不安」

など、既卒として就活をすることに対して、不安や疑問があるなら、就職エージェントを利用するべきです。

就職エージェントを利用すれば、既卒就活専門のキャリアアドバイザーがあなたの就活を何から何までサポートしてくれます。

履歴書を添削してくれたり、面接のアドバイスをもらえたり、既卒が入社しやすい企業を紹介してもらえたりするので、就活がかなり楽になります。

※就職エージェント一例
※既卒専門エージェントまとめ
エージェントに関する基礎知識と既卒におすすめのエージェント5選
ここでは、既卒・20代のフリーターの方におすすめのエージェントと、エージェントのサポート内容や利用すべき理由などについて解説します。 エージェントについて気になることはす...