スポンサーリンク

なぜ「人に感謝される仕事がしたい」という志望動機だと不採用になるのか?

既卒面接で不採用になる
「人に感謝される仕事がしたいので志望しました」という志望動機は一見、何も問題ないように思えます。

しかし、この回答に面接官は落胆します。

なぜ、「人に感謝される仕事がしたいので志望しました」という志望動機は良くないのか?

なぜなら、すべての仕事は感謝されているからです。

スポンサーリンク

すべての仕事は人に感謝されている

感謝される仕事
人に感謝されたい、というのは仕事に対する考え方として間違っていません。

しかし、世の中に存在する仕事なかで、人に感謝されない仕事は存在しません。(反社会的な仕事は除いて)

というより人に感謝される仕事でなければ、利益を出し、企業として存続できないので、全ての仕事は人に感謝されているとも言えるのです。

そのため「人に感謝される仕事がしたい」という志望動機に、面接官は何とも思わないどころか「逆に、感謝されない仕事を教えてくれ」という気持ちになってしまうのです。

当然、その人の採用は見送るでしょう。

「感謝を身近に感じられる仕事がしたい」という趣旨の回答をする

感謝される仕事という志望動機
「人に感謝される仕事がしたい」を厳密に表現するならば、「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」ということだと思います。

全ての仕事は誰かに感謝されていますが、「感謝されている」ことを感じる機会が少ない業種や職種はあります。

例えば、経理や事務職ならばお客様から直接「ありがとう」と言ってもらえる機会はありません。また、BtoBで部品の製作を担当している場合なども同様です。

これらの仕事はお客様と直接言葉を交わす機会がないため、感謝を感じづらい仕事です。しかし、それらの仕事が役に立っていないわけではなく、それらの仕事があって、その企業の商品・サービスをお客様に届けることができるのです。

これを踏まえた上で、面接では、

「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」
「人が感謝してくれることをより身近に感じられる仕事がしたい」

といった回答をするべきです。

[面接対策をする]