面接対策

なぜ「人に感謝される仕事がしたい」という志望動機だと不採用になるのか?

更新日:

既卒面接で不採用になる
面接で志望動機を聞かれた時「人に感謝される仕事がしたいので志望しました」と回答する人がいます。

一見、聞こえが良く、まっとうな志望動機のように思えますが、この回答に面接官は落胆します。そして不採用になります。

結論を言うならば、面接で「人に感謝される仕事がしたい」などとは言うべきではありません。その理由について解説していきます。

全ての仕事は人に感謝されている

感謝される仕事
人に感謝されたい、というのは仕事に対する考え方として間違っていません。

しかし、世の中に存在する仕事なかで、人に感謝されない仕事は存在しません。(反社会的な仕事は除いて)

というより人に感謝される仕事でなければ、利益を出し、企業として存続できないので、全ての仕事は人に感謝されているとも言えるのです。

そのため「人に感謝される仕事がしたい」という志望動機に、面接官は何とも思わないどころか「逆に、感謝されない仕事を教えてくれ」という気持ちになってしまうのです。

当然、その人の採用は見送るでしょう。

「感謝を身近に感じられる仕事がしたい」という趣旨の回答をする

感謝される仕事という志望動機
「人に感謝される仕事がしたい」を厳密に表現するならば、「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」ということだと思います。

全ての仕事は誰かに感謝されていますが、「感謝されている」ことを感じる機会が少ない業種や職種はあります。

例えば、経理や事務職ならばお客様から直接「ありがとう」と言ってもらえる機会はありません。また、BtoBで部品の製作を担当している場合なども同様です。

これらの仕事はお客様と直接言葉を交わす機会がないため、感謝を感じづらい仕事です。しかし、それらの仕事が役に立っていないわけではなく、それらの仕事があって、その企業の商品・サービスをお客様に届けることができるのです。

これを踏まえた上で、面接では、

「人に感謝されることが、ダイレクトに感じられる仕事がしたい」
「人が感謝してくれることをより身近に感じられる仕事がしたい」

といった回答をするべきです。

就職エージェントを使うと就活が楽になる

「既卒向け求人の探し方が分からない」
「履歴書の書き方が分からない」
「面接が不安」

など、既卒として就活をすることに対して、不安や疑問があるなら、就職エージェントを利用するべきです。

就職エージェントを利用すれば、既卒就活専門のキャリアアドバイザーがあなたの就活を何から何までサポートしてくれます。

履歴書を添削してくれたり、面接のアドバイスをもらえたり、既卒が入社しやすい企業を紹介してもらえたりするので、就活がかなり楽になります。

※既卒専門就職エージェントはこちら

既卒専門就活サイト
【既卒者専門】のおすすめ就活支援サイト5つを紹介!

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

続きを見る

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいですか? 回 ...

-面接対策
-,

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.