「今、最も関心を持っていることは何ですか?」と既卒面接で質問された時の回答の注意点と回答例

模擬面接
ここで答えるべきことは「今、関心を持っていること」と「なぜ、それに関心を持っているのか?」という2つのことです。

基本的に、これから社会人になる人間として、幼稚ととられるようなものでなければ、どんなテーマでも問題はありません。経済、政治、スポーツや業界で話題になっていることや、職種に関することであれば問題ないでしょう。

逆に、面接官の関心を引こうと思って、独創的なことを話したり、ウケ狙いだととられるようなテーマはあまりおすすめできません。

「なぜ、それに関心を持っているのか?」を話す

面接 (4)
関心を持っているテーマそのものよりも、「なぜ、それに関心を持っているのか」というが、この回答では重要となります。

面接官が、「なるほど」と思えるくらい、応募者の背景と自然につながっていれば、この質問はクリアできるでしょう。

ただし、話すテーマについてある程度知識を持っていないといけません。話が盛り上がり、面接官にあれこれ質問された時、しっかりと答えられないと、せっかく前のめりになった面接官も引いてしまいます。

印象アップを狙って、中途半端に知っていることを話すぐらいであれば、どんなことを聞かれても答えられるようなテーマを選びましょう。ただし、冒頭でも説明した通り、ビジネスマンとして幼稚ととられるテーマはNGです。

例えば、AKB総選挙や芸能人の不倫ネタなど、仕事との関連性が薄いものは避けましょう。

回答例

私が今、最も関心を持っていることは、「note」というサービスです。

「note」は自分が作成した文章、写真、音楽、動画などを投稿することができるサービスです。しかもコンテンツを有料化し、収入を得ることができたり、クリエイターをフォローして、更新されたコンテンツを逐次チェックすることができたりします。

私は、学生時代から自分が書いた文章や、作った音楽などを収益化したいと思っており、今での日々、様々なWEBサービスをチェックしています。しかし、今ままであったサービスはどれもコンテンツに広告を掲載して収益を得るもので、自分の作品そのものを有料化することは容易ではありませんでした。

「note」はそれを可能にしたサービスです。「note」が登場したおかげで、スキルのあるクリエイターはこれまで以上に、収入を得やすい環境になっていくのではないかと思います。そしてさらに、時間と場所に縛られない働き方が、簡単にできるようになっていくと思います。

※その他、面接に関することは以下のページでも解説しています。是非ご一読いただければと思います。

【全24例】答えづらい質問・圧迫質問の回答のポイントと回答例を一括紹介
面接では、志望動機や自己PRといった定番の質問だけではなく、回答に困るような難しい質問をされることもあります。 例えば、「日本の電柱の数は何本だと思いますが?」「渋谷ハチ...
面接で絶対にやってはいけない【NG言動まとめ】
「私は参謀タイプです」と面接でアピールするのはNGです。なぜなら企業は参謀タイプの人なんて求めていないからです。 このように面接では、一見問題なさそうな自己PRや些細な言...
【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】
既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてくださ...