面接で「エージェントに紹介してもらったので」と言ってはいけない理由とは?

ノイズに苦しむ

「エージェント(コンサルタント)に紹介されたので来ました」
「エージェントに合っていると言われたので」
「業績が伸びている素晴らしい企業だとエージェントが言っていたので」

このように「エージェントが……」という発言を面接でしてしまうと、かなり印象が悪くなります。

なぜなら「自分の意思で応募したわけではない」と言っているように聞こえるからです。

面接で「エージェントに紹介してもらったので」と言ってはいけない理由

「応募したのは自分の意志ではない」と言っているように聞こえるから

「エージェント(コンサルタント)に紹介されたので来ました」と言うのは、

「御社を選んだのは私ではありません。エージェントから面接にいくように言われたから来ました」

と言っているのと同じです。

企業側がこのような人を採用するはずがありません。

そもそも、志望動機になっていない

「エージェントが……」という発言をするのは、たいてい志望動機を聞かれたときです。

しかし、「エージェントがおすすめしてくれたので」「エージェントが是非と言ってくれたので」というのは、そもそも志望動機になっていません。

志望動機で答えるべきことは「入社したい理由」であり、「応募した理由」ではないからです。

「エージェントがおすすめしてくれたので応募した」というのは、応募した理由です。入社したい理由ではありません。

ですから、面接で志望動機を聞かれたときに、「エージェントが……」と発言してしまうと、入社意欲を疑われるだけでなく、コミュニケーション力の無さまで露呈してしまうのです。

エージェントは利用する際の注意点

求人紹介や面接対策、応募書類の添削など、ありがたいサービスです。

既卒の就活をスムーズに進めるなら、エージェントは絶対に利用するべきです。

ただい、自分の意志をしっかりと持って、就職活動を進めなければいけません。

エージェントは良かれと思って色々な求人を紹介してくれます。「この企業はあなたに合っていると思います」「業績が伸びている優良企業ですよ」といった具合に。

しかし、「エージェントが紹介してくれる企業から良い企業に違いない」などという理由で応募してはいけません。

自身が設定した企業選びの軸に合致しているかどうかを判断した上で、応募しましょう。

そうでなければ、面接官が納得するような志望動機を語れません。