【既卒就活】面接の逆質問で印象が悪くなる2つの質問例

最後の質問 面接官
「最後に、何か質問はありますか?」
この質問は既卒に限らず、面接で必ず聞かれることです。

気が緩んで下手な質問をしてしまうと、それまで完璧にアピールしてきたことが台無しになってしまうので、しっかりと対策をしておきましょう。

面接の逆質問で印象が悪くなる2つの質問例

印象が悪くなるの逆質問は以下の2つ。

  • 労働条件に関する質問
  • 応募職種に関係のない仕事に関する質問

労働条件に関する質問は印象が悪い

給料や福利厚生、残業時間、休日休暇など、労働条件は働くうえでとても大切です。

しかし面接で、労働条件のことばかり質問してしまうと、「福利厚生が充実していて、給料が良ければどの会社でもいいのか?」という印象を持たれてしまうのです。

入社意欲を疑われることもあるで、極力、労働条件に関する質問は避けるべきです。

ただし、質問の仕方を工夫することで、印象を悪くせずに労働条件を質問することができます。

「Yes・No」で回答できる質問の仕方をする

たとえば

「この業界ですと月40時間ぐらいは残業があると覚悟しておけばよろしいでしょうか?」

といったように質問するのです。

回答で「Yes」なら、「そうですね」と面接官はそのまま回答。

もし「No」であるなら「そんなに残業はありませんよ。月20時間ぐらいですかね」といったように、具体的な説明とともに回答してくれます。

また、このような質問の仕方をすることで、働くイメージがしっかりできていること、企業研究・業界研究をしていることをアピールできます。

その他、休日出勤や福利厚生についても、「Yes・No」で回答できる質問の仕方をすることで、印象を悪くせずに労働条件を確認できます。

応募職種に関係ない質問はNG

選考を受けている職種に、まったく関係のない職種に関する質問はしないようにしましょう。

たとえば、営業職の選考なのに、「入社後、経理に職種を変更することは可能ですか?」といった具合です。

このように、関係のない職種の質問をしてしまうと、「営業よりも本当は経理の仕事がやりたいのではないか?」「異動できなければ転職する気なのではないか?」などと疑われます。

当然、印象は悪いです。

逆質問は、最後の自己アピールの場

既卒でも正社員になれます

面接における逆質問の時間は、単純に質問したいことを聞く時間でもありますが、同時に最後の自己アピールの場でもあります。

自己PRにつながる質問をするのが得策です。

たとえば、

「未経験から入社した方で、現在活躍している方はどのような方でしょう? 仕事に対する姿勢に関して何か特徴があったら教えていただけますでしょうか?」

上記のような質問であれば、働く意欲をアピールできます。

面接官に好印象を与えることも可能です。

本当に知りたいことはネットや就職エージェントを使って調べる

また、応募企業について知りたいこと、たとえば労働環境、社内の雰囲気、福利厚生などは、面接で質問するのではなく、ネットや就職エージェントを使って調べることおをおすすめします。

前述のとおり、労働環境や福利厚生に関する質問をしてしまうと、印象が悪くなる可能性があります。

また企業の雰囲気については、面接官に質問にしたところで、「いい」と答える決まっています。

実際、職場の雰囲気が悪くても、「うちの職場は雰囲気が悪い」などと、正直に答えてくれるはずがありません。ですので質問する意味がありません。

働くうえで本当に重要なことは面接で質問するのではなく、企業の口コミ情報サイトやIR情報、就職エージェントからの情報などを頼るようにしましょう。

面接の逆質問は、自己PRとして利用するようにしましょう。

企業の情報を得るのに役立つサイト

企業の口コミサイト

元社員による企業の口コミサイトが掲載されているサイトです。。労働環境や職場の雰囲気を知るのに役立ちます。

就職エージェント

エージェントは、既卒の就活をサポートしてくれるサービスです。

エージェントが企業の情報を教えてくれたり、質問しづらいことをあなたの代わりに、企業に質問してくれたりします。

ネットにはない情報を教えてくれる場合も

その他のサービス・サイト

「ullet」は、企業の純利益や純資産などを調べられるサービスです。

また、就職四季報では、離職率や勤続年数、ボーナス額、記者のコメントなどが掲載されており、企業を調べるのにとても役立ちます。

既卒の場合、たくさん企業を受けるわけではないので、購入する必要はないでしょう。ただし、応募する企業については、立ちよみするなどしてチェックしておくようにしましょう。