【既卒就活】ブラック企業に入社しないために注意したい3つのこと

既卒者がブラック企業に入社しないために気をつけるべき3つのこと

「絶対にブラック企業にだけは就職したくない」という願望を持っている方もいると思います。

しかしどうすればブラック企業を避けられるのか? その具体的な方法がわからないこともあるでしょう。

そこでここでは、既卒がブラック企業に入社しないために気をつけるべき3つのことを解説します。

1:採用ハードルの低さを強調している企業に注意する

ブラック企業
既卒歓迎や未経験歓迎などの条件で求人を探していると、

「やる気があれば採用」「学歴、経験不問」「社会人経験がなくても大丈夫」などやたらと採用ハードルの低さを異様にアピールしている企業を見にすることがあります。

とくに中途向けの求人サイトや、アルバイト求人と正社員もごっちゃになっている求人サイトで、よく見かけます。

このような企業には注意が必要です。

なぜなら、「採用ハードルを下げないと人が集まらない」「使い捨て用の社員を大量に集めている」といったブラック体質の企業である可能性があるからです。

人が集まらないブラック企業である場合も

たとえば、

「何かブラックな噂があって採用ハードルを下げないと人が応募してこない」
「労働環境、仕事内容に問題があって人がすぐに辞めるから採用ハードルを下げないと採用が間に合わない」

このような企業かもしれないのです。

既卒という立場上、ハードルを下げて求人を探さなければいけない時もあります。

それでもしっかり企業を分析してから応募するかどうかを判断すべきです。

2:ハローワークの求人に細心の注意を払う

ハローワーク
既卒もニートも仕事ができ、各地方、各地位に所在しているハローワークは便利な存在です。

しかしそこに掲載されている求人には、注意する必要があります。

ブラック企業の経営者をインタビューした内容を掲載した著書、「ブラック企業経営者の本音 秋山 謙一郎(著)」にはハローワークを使って人を募集しているブラック企業が登場します。

使い走りしてくれる人材を求めてハローワークで募集をかけてる

と語るのはパワハラと長時間労働で社員を社畜化するブラック企業です。

このブラック企業は、こき使える人を採用するためにハローワークを使っているのです。

またハローワークでは、「求人表の仕事内容と実際の仕事内容が違った」「求人表の給料と実際の給料が違った」などという話はよく耳にします。

求人掲載が無料だからブラック体質な企業が集まる

ハローワークは求人掲載が無料です。

そのため、「社員に金をかけたくない」「採用に金をかけたくない」というブラック体質な企業が求人を掲載したがるのも無理はありません。

もちろんハローワークの求人がすべてブラック企業というわけではなく、大半が真っ当な企業でしょう。しかし細心の注意を払って求人を選ぶべきです。

「失業保険をもらうためにハローワークから求人応募をしないといけない」
「地方なので求人サイトでは求人を探せない」

などの理由でハローワークを利用せざるを得ないという方もいると思います。

それでもブラック企業も掲載されているという前提で、ハローワークを利用するようにしましょう。

3:優良企業だけを紹介してくれる既卒専門のエージェントを使う

就職エージェント
求人広告や企業ホームページの情報から自力でブラック企業を見抜くのは簡単なことではありません。

事業内容、業務内容、利益率、離職率、口コミなどあらゆる情報に目を通さないといけないので、時間も労力もかかります。

また、その作業でブラック企業を100%見抜けるとは限りません。

ではブラック企業に就職ないためにはどうすればいいのか?

実は、エージェントという就職サポートサービスのなかには、ブラック企業を選別し、優良企業だけを厳選しているエージェントがあります。

例えば、既卒向け就職エージェントである「 ウズキャリ 」では、離職率が高くないか、若手を育てる環境が整っているか、過去に入社した人から悪い評判を受けていないかなどを調べ、企業を厳選しています。

また同様に既卒向け就職エージェントの「 第二新卒AGENTneo 」では、スタッフが企業に足を運び、労働環境や職場の雰囲気をチェックしています。さらに社会保険があるか、離職率が高くないかなど、厳しい基準で企業を厳選しています。

これらの就職エージェントを使えば、そこで紹介してもらえる企業はすべてブラック企業ではないということになります。つまり自力で企業を精査しなくてもブラック企業を避けられるのです。

絶対にブラック企業は嫌というなら、このような就職エージェントを利用するべきです。

優良企業だけを紹介してくれるエージェント

ウズキャリ

離職率が高くないか、社会保険は完備されているか、若手の成長にふさわしい環境か、過去に入社した人から悪い評価・評判を受けていないかなどの基準でブラック企業を除外。

第二新卒AGENTneo

実際に訪問し職場の雰囲気や働く環境をチェック。社会保険がない、離職率が高い、若手を育てる環境がないなどの企業は除外。

JAIC

社員が短期間で大量に辞めていない、ビジネスモデルがしっかりしており安定している、未経験者を2~3年かけて育てていこうと考えている、すぐに成果を求められないコツコツ型の人でも頑張れる。このような企業だけを紹介してもらえる。

※就職エージェントについては以下のページで詳しく解説しています。就職エージェントに興味がある方はご一読いただければと思います。

就職エージェントとは? エージェントの基礎知識と既卒におすすめのエージェント5選
ここでは、既卒・20代のフリーターの方におすすめのエージェントと、エージェントのサポート内容や利用すべき理由などについて解説します。 エージェントについて気になることはす...