本当に良い企業を見つけめに知っておきたい【企業に関する3つの知識】

ブラック企業の社長

ここでは、本当に良い企業を見つけめに知っておきたい、企業に関する3つの知識を紹介します。

「ブラック企業には絶対に就職したくない」
「優良企業に就職したい」

という方はぜひ参考にしてください。

1:離職率が低く、社員の平均勤続年数が長い企業がホワイト企業ではるとは限らない

ホワイト企業
離職率が低く、社員の平均勤続年数が長い企業はいかにもホワイトな優良企業に思えますよね。

しかし誰もが知っているような名門企業であるならともかく、中堅・中小企業で離職率が低くて平均勤続年数が長い場合は優良企業といえない場合があります。

例えば保身に走り、徐々に衰退していく会社である可能性があるのです。

また、先ほども述べたように、平均勤続年数は社歴が長い企業では長くなります。逆に立ち上がったばかりのベンチャー企業であれば、平均勤続年数は短くなります。

本当のブラック企業に就職しないためには、離職率・平均勤続年数の数字だけ見て企業を判断するのではなく、創立年数や企業規模などを確認した上、総合的に判断するようにしましょう。

2:求人を出す頻度が高い企業がブラック企業であるとは限らない

ブラック企業
求人を出している企業は人がよく辞める企業である、そう思うかもしれません。

これが当てはまる場合もありますが、求人を頻繁に出しているからといってブラック企業であるというわけではありません。

というのも人が辞めなくても、業績が上がれば、人を雇わなければいけなくなるからです。

逆に仕事が増えているのに人を増やさない企業はブラック企業でしょう。

そのため頻繁に採用活動を行っているからといって、ブラック企業であるというわけではないのです。

ブラック企業に就職しないためには、採用活動を行っている企業が

「なぜ、採用活動を行っているのか」
「なぜ、既卒の採用を行っているのか」

これらについて、企業に問い合わせたり、もしくは就職エージェントに詳しく聞くのが一番です。

ブラック企業を除外!優良企業だけを紹介してもらえる既卒向け就職サイト3選
できればブラック企業には絶対に就職したくないものです。 しかし自力でブラック企業を見抜くのは大変でもあり、手間もかかります。 実は、企業を調査し、優良企業だけを厳選...

3:ネットで評判が悪い企業がブラック企業であるとは限らない

ブラック企業
ネットで評判が悪い企業だからといって、ブラック企業であるというわけではありません。

例えば、よくある企業の口コミサイトは、その企業を退職した社員が書くものです。その企業に対する悪口が多くなるのも当たり前ですよね。

またネット掲示板(2ch)などで評判が悪い企業などもありますが、そのような掲示板はあまり信用するべきではないでしょう。

そもそも書き込みしている人がその企業で働いていたかどうかも、社会人であるかどうかも分からないので、信憑性はほとんどありません。

企業ホームページやIR情報などの客観的な情報、もしくはエージェントといった公平な立場の人間から情報を集めるなどして、その企業が本当にブラック企業なのかどうかを判断するべきでしょう。

ブラック企業に入社しないためには?

ブラック企業に入社しないためには、とにかくしっかりと情報収集することが大切です。

求人広告に掲載されている情報だけで企業を判断するのではなく、ホームページや社長のSNS、社長ブログ、社員のブログ、時間があればIR情報などにも目を通しておきましょう。

エージェントを使って情報を収集する

また就職エージェントを利用して情報収集するもかなり有効な手段です。

エージェントは、企業や業界に関する貴重な情報を持っている場合があります。

さらに、エージェントによっては、ブラック企業ではないかどうかを事前に調べた上で、まともな企業だけを求職者に企業を紹介しています。

ブラック企業を避ける上では就職エージェントはかなり役に立ちますので、時間のある方は絶対に利用するべきです。

ブラック企業を除外!優良企業だけを紹介してもらえる既卒向け就職サイト3選
できればブラック企業には絶対に就職したくないものです。 しかし自力でブラック企業を見抜くのは大変でもあり、手間もかかります。 実は、企業を調査し、優良企業だけを厳選...
既卒がブラック企業に入社しないために気をつけるべき3つのこと
「絶対にブラック企業にだけは就職したくない」という願望を持っている方もいると思います。 しかしどうすればブラック企業を避けられるのか? その具体的な方法がわからないこ...