就活準備

既卒が就活で失敗しないために明確するべき3つのこと

更新日:

就活で失敗しないために明確するべき3つのこと
時間や労力、精神力を削って就活をするのですから、失敗なんてしたくないものです。

では就活で失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

最低限、ここで紹介する3つのことについて明確にしておきましょう。

就職する目的を明確にする

「なぜ今、就職しようと思ったのか?」

面接官は既卒の就活者に対して、必ずこのような質問を投げかけます。目的がない人は、就職しても嫌なことが少しでもあったら、すぐに辞めてしまうからです。

この質問に対して、面接官に納得してもらえる回答をするには、「就職する目的」を明確になっている必要があるのです。

また目的を明確にすることで、面倒で大変な就活に対して、モチベーションを保てます。

履歴書を書いたり、企業研究をしたり、面接対策をしたり、本来就活はとても面倒なものです。「なぜ、自分は就職するのか?」が明確でなければ、途中で挫折してしまいます。実際、一度不採用になったから、履歴書の書き方が分からないから、といった理由で就活を断念してしまう人がいるのです。

せっかく重い腰を上げて就活を始めるのですから、しっかり内定をもらって終わらせたいものです。そのためには就活の目的をハッキリさせるようにしましょう。

就職する必要性を感じないなら無理に就職しなくていい

「なぜ就職するのか?」

考えた結果、無理に就職する必要はないという回答がでる場合もあるでしょう。

「周りの人が就職していくから自分もなんとなく就活を始めた」「親に就職しろといわれたから」「世間的に会社員になった方がいいと思ったから」など、就職する必要性を自分では感じていないというケースです。

この場合は、無理に就活を始めても就職動機が弱くて不採用になる可能性が高いです。就活はお金(交通費、写真代など)と時間を消費する面倒なものです。

中途半端な気持ちで就活をしても失敗するだけです。特にこれといって就職する理由が見つからないのであれば、無理に就職する必要なんてありません。就職の必要性を感じた時に、本気で就活をスタートさせれば良いのです。

会社に求めるものを明確にする

忙しくても高い給料やスキルを獲得できる会社がいいのか。給料はそれほど高くないが、やりがいやプライベートの時間を求めるのか。

といったように就活をするなら、会社に何を求めるのかを明確にしておきましょう。

複数ある場合は、優先順位をつけ、一番になったものを獲得できる会社を選びましょう。企業選びで迷いが無くなります。

会社に求めるものを明確にしておくことで、面接で自分の価値観に一貫性を持つことができます。どんな質問をされても、根本の部分で揺るがないものがあれば、矛盾なく回答できるのです。さらに志望動機にも説得力が増します。

欲望の根源を明確にする

お金もちになりたい、異性にもてたい、権力が欲しいなど、「これさえされば仕事を頑張れる」という欲望の根源を明確にしましょう。

いくつか欲望がある場合は、優先順位をつけ、一番の欲望を満たせる企業に就職できるように就活を進めます。

欲望が明確であり、それさえ満たせる企業に就職できれば、仕事に対してモチベーションを保てます。

例えば、「お金持ちになりたい」という欲望が最も根源的なものであるなら、お金を稼げる仕事に就ければ少しくらい忙しくても、人間関係が良くなくても仕事にたえることができます。

また自分で納得した上で、就職先を決められるので失敗することもありません。結果的に仕事を長く続けられる可能性が高いのです。

自分の根源的な欲望を明確にする際は、自分に正直になるようにしましょう。こうあるべきだ、社会のために役立つべきだなど、お利口さんになる必要はありません。

金が欲しいならそれでいいのです。異性にもてたいならそれでいいのです。自分に嘘をつかないことが大切です。

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいですか? 回 ...

-就活準備
-,

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.