就活サイト・エージェント選び 就活準備

既卒も利用できる!就職エージェントとは?特徴とメリット・デメリットを全解説

更新日:

既卒の就活 (1)
求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。

あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。

しかも、プロのキャリアアドバイザーによる就職サポートを受けられるので、効率的に就活を進められます。

そんな就職エージェントが具体的にどんな就活支援をしてくれるのか、どんなメリット・デメリットがあるのか。この点をについて解説します。

就職エージェントの一例

就職エージェントとは?

エージェントとは
就職エージェントとはすべて自分で就活を進めていかなければいけない就活サイトとは違い

  • 個別企業紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • スケジュール調整

など、就職活動のあらゆることをマンツーマンでサポートしてくれるサービスのことです。

時々「有料職業紹介」と表されることもありますが、求職者の場合はどれだけ多くの求人を紹介してもらっても、長期にわたる就活であっても“無料”で利用できます。

就活サイトにはない就活エージェントの特徴とは?

就活サイト
新卒の時に利用したマイナビ、リクナビのようなサイトでは求職者、

つまり学生が求人広告を閲覧し興味があるものに自分で応募します。

その後、必要に応じて履歴書を提出。

書類選考で通過すれば面接を受けに行く、という流れで、求人応募から内定まですべて自力です。

しかし就職エージェントの場合はまったく流れが異なります。

内定をもらうためのアドバイスを受けられる

最初は、エージェントとのキャリアカウンセリングから始まり、その後に求職者の希望と適性を加味した上で最適な求人を紹介してもらいます。

もちろん紹介してもらった求人に応募するかしないかは本人の自由です。

紹介してもらった企業の中から受けたい企業が見つかったら、内定をもらうためのアドバイスを受けられます。

応募する企業に合わせた履歴書・職務経歴書の作成、自己PR、面接対策など細かいアドバイスをもらえるのです。

やりたいことや向いている仕事がわかる

就職エージェントを利用することで得られる以外のメリットの一つとして、「話す」アウトプットそのものが就活に役立つというものがあります。

既卒の場合、就職エージェントのようなものを利用しないと、自分の将来のことや、就きたい仕事、就活について話せる相手はいません。

エージェント相手にこれまでの就活や就きたい仕事、将来について話しているうちに、自分の考えがどんどんまとまってくることがあります。

それだけではなくエージェントに曖昧なことを具体的に表現してもらったり、別の見方を提示してもらいながら思考の整理ができるのです。

自分でも気づいていなかった新しい視点を見つけられ、やりたいことが見つかる場合もあるのです。

不採用の理由を教えてくれる

自主応募型の就活サイト(リクナビやマイナビなど)であれば、企業と直接やりとりをするのは求職者。

採用・不採用の通知は直接企業から知らされることになります。そして不採用の場合、その理由はまったくわからないままです。

しかし、就職エージェントを利用した場合は企業と直接やりとりをするのはエージェントで、採用、不採用はエージェント経由で知らされることになります。

しかもエージェントが企業から聞き出した“不採用の理由”を教えてくれます。

不採用の理由がわかるので、次に対策を打つことができるので、効率的に就活を進めることができるのです。

また「なぜ、不採用となったのか」を自分でも納得するができるのはとてもありがたいですよね。

エージェントを利用するメリットとデメリット

エージェント
何となく就職エージェントを利用するメリットを、デメリットも含めてあらためてエージェントについて紹介したいと思います。

メリット

  • 書類添削、面接対策などの就活支援を受けられるので
  • 自分に合った求人を紹介してもらえる
  • 企業の詳しい情報を持っており、求人票に書いていない情報を手に入れることができる
  • エージェントが企業に推薦してくれるので、書類選考の通過率が高い
  • 企業には直接聞きづらいことも、エージェントを通して聞くことができる
  • 精神的支えになることもある

つまり

就職エージェントを使うと、楽に、効率的に就職活動を進められる

のです。

デメリット

  • 求人数が少ない場合がある
  • 内定をとったら入社を強要されることがある
  • エージェントと相性が合わないことがある
  • 人材紹介からの連絡や面談が増える
  • 紹介してもらえる求人を限定される可能性がある

上記のようなデメリットがありますが、これらを補い方法が一つだけあります。

それが、“複数の就職エージェントを利用する”ことです。

複数利用すれば「求人数の少なさ」を補うことができますし、何人かのエージェントに会うことで「エージェントとの相性」も補うことができます。

自分の可能性を広げ、満足のいく形で就職活動を終えたいのなら、複数のエージェントを利用することをおすすめします。

既卒の就活にエージェントは不可欠!

エージェントは不可欠
新卒や中途とは違う特殊な形態である既卒の場合、エージェントの利用は不可欠です。

というのも新卒や中途の就活に比べ、情報が圧倒的に少ないからです。

書店に行っても、ネットで検索しても既卒の就活を対象として就活ノウハウはそれほどありません。

そのため自力で就活を進めると、なかなか書類選考を通過できなかったり、面接のつまづいたりと、時間と体力を消耗してしまいます。

また情報不足により、ブラック企業に入社してしまう危険すらあります。

効率的に就職活動を進め、希望の優良企業から確実に内定をもらたいのならプロのサポートを受けられる就職エージェントを利用するべきです。

既卒でも利用可能な就職エージェントの一例

最後に、既卒でも利用できる就職エージェントを紹介します。

ウズキャリ既卒

既卒就活「ウズキャリ既卒」

既卒専門の就職エージェント。時間を惜しまないサポートが特徴であり、応募する企業ごとに時間をかけて面接対策をしてくれる。

また紹介する求人には、厳しい基準を設けており

  • 短期で大量の人が辞めている
  • 若手を育てる環境に適していない

などの企業は除外し、優良企業だけを紹介してもらえる。

サイト: ウズキャリ既卒

第二新卒エージェントneo

既卒の就職支援!第二新卒エージェントneo

既卒専門の就職エージェント。プロのアドバイザーによるマンツーマンの就活サポートを受けられる。名刺の受け取り方、電話の取り方、社会人としての心構えなど、就職後に役立つスキルが身に就く独自のセミナーを実施している。

サイト: 第二新卒AGENTneo

就職Shop

既卒・フリーター向け就活サイト「就職Shop」

大手リクルートが運営する20代の既卒・フリーター専門の就職エージェント。正社員求人をだけを紹介してもらえる。

さらに書類選考なし、面接から選考をスタートできる。

サイト: 就職Shop

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒の方におすすめのしたいのが、ここで紹介する「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェント」です。 ...

既卒の就活 (1) 3

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。 あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーに ...

就活に意気込む既卒男性 4

できればブラック企業には絶対に就職したくないものです。 しかし自力でブラック企業を見抜くのは大変でもあり、手間もかかります。 実は、企業を調査し、優良企業だけを厳選して紹介してくれる既卒向けサイトがあ ...

-就活サイト・エージェント選び, 就活準備
-,

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.