就活準備

20代後半フリーター・既卒が正社員就職する方法・コツを解説

投稿日:

20代後半の就活

27歳、28歳、29歳のフリーター、既卒の方で、「今からでもまともな企業に正社員として就職できるのか?」と不安に感じている方もいるでしょう。

20代であれば、働いた経験がなくても、特別なスキルがなくても、十分に正社員として就職できます。なぜなら採用してくれる企業はたくさんあるからです。

ここでは、そんな20代後半の方が正社員として就職する方法、コツなどを紹介します。

20代後半でも正社員就職は可能

既卒専門就職支援

20代なら未経験でも正社員として採用してくれる企業はたくさんある

社員の採用といえば、大学を卒業する新卒一括採用が一般的と思われがちです。しかし新卒を採用する企業はごく一部です。

また新卒採用を行ったとしても、有名大手企業にほとんどの学生が集まってしまい、若手を採用できない企業は山ほどあります。優良ホワイト企業であるにもかかわらずです。

新卒を充分に採用できなかった企業と、そもそも新卒採用を行う手間をかけられない企業は、若手を採用するために既卒やフリーター、第二新卒に対象を絞って、採用活動を行います。

20代の若手であれば、正社員として働いた経験がなくても、高卒でも採用したいという企業はたくさんあるのです。

企業規模、企業の知名度にはこだわらない

大企業
「誰もが知るような大手企業に就職したい」と考えている方もいるでしょう。

しかし、20代後半のフリーター、ニート、既卒の方は難しいです。その理由は以下の2つです。

  • 新卒一括採用しか行わないから
  • 中途採用の場合は、スキルと経験が豊富な人しか採用しないから

まれに、有名大手企業でも、既卒やフリーターを募集している企業がありますが、大企業に標準を合わせて就活をするのは非常に非効率であることは間違いありません。

大企業が安定しているとは限らない

いまだに大企業が中小企業より安定していると考えている人がほとんどです。

しかし、大企業であっても潰れたり、海外の企業に買収されたりといったことが当たり前のようにあります。

しかも大企業では、その企業でしか通用しないスキルしか身につかない場合があり、企業が潰れた時、転職で苦労します。転職で困らないスキルを身につけるなら、色々な仕事を経験できる中小企業に就職するべきです。

また会社が潰れなくても、手を抜いて仕事をしていればリストラの対象になったり、自主退職を強いられる可能性もあります。IT化、AI導入が進めば資金のある大企業が真っ先に最新技術を導入するでしょう。そうならば、大企業の人から仕事を失っていくことになります。

中小企業でも優良企業はたくさんある

中小企業は、労働環境や福利厚生が大企業に劣る、と考えている人が時々いますが、中小企業であっても大企業並みの福利厚生を用意していたり、大企業を超える給料がもらえる中小企業もたくさんあります。例えば、社員14名のWEB制作会社「バーグハンバーグバーグ」では、勤務中に昼寝することが許されています。

逆に、大企業であってもブラック企業はたくさんあります。話題になった電通やゼンショーがいい例でしょう。

そもそも日本に存在する企業のうち、大企業の割合は0.3%です。狙っても効率が悪いだけです。

正社員として就職することが第一の目的であるなら、企業規模で就職先を決める必要はありません。仕事の内容と労働環境だけをチェックしておけば十分です。

既卒・フリーター専門の就職支援サイトを利用する

就職エージェントと面談
20代後半のフリーター、既卒が、本気で正社員就職したいなら、既卒・フリーター向け就職支援サイトを利用するべきです。新卒や中途を対象としたサイトを使うのは時間の無駄です。

時々、新卒向けの就活サイトや中途向け転職サイトを利用する方がいますが、完全に間違っています。それらのサイト・サービスは、そもそも対象としている人が違います。

例えば、新卒向けサイトには、新卒を採用したい企業だけ、転職サイトには社会人経験とスキルがある人を採用したい企業だけが集まっています。既卒やフリーターは対象外であり、利用してもなかなか内定はもらえません。

既卒・フリーター専門の就職支援サイトを利用するメリット

最大のメリットは、「既卒・フリーターを採用したい企業だけが集まっている」ことです。

新卒が欲しい、スキル・経験がある人が欲しい、という企業は存在しません。

また既卒・フリーターしか利用しないので、ライバルも同じように、正社員経験がない人、就活で失敗した人、アピールできるようなスキルを持っていない人だけです。

既卒・フリーター専門の就職支援サイトを使えば、比較的楽に就職ができるのです。

プロのサポートを受けられる就職支援サイトを使う

ほとんどの既卒・フリーター向け就職支援サイトでは、若手の就活を熟知したプロのキャリアアドバイザーによるサポートを受けられます。

例えば、面接アドバイス、面接練習、履歴書・職務経歴書の添削、など就活でつまずきがちなことを全部サポートしてくれるのです。

またサイトによっては、キャリアアドバイザーが応募する企業に推薦状を出してくれるので、書類選考が通過しやすくなったり、書類選考を免除してもらえる場合もあります。

このようなサポートを受けられる就職サイトを使わないで、自力で一から就活を始めるのは非効率です。無謀であり時間の無駄です。

20代後半から、確実に正社員として就職するなら、絶対にサポートのある就職支援サイトを使うべきです。

以下のページでは、サポートを受けられる既卒・フリーター専門の就職支援サイトをまとめて紹介しています。

既卒専門就活サイト
【既卒者専門】のおすすめ就活支援サイト5つを紹介!

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

続きを見る

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒から正社員就職したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれる就活支援サイトを ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接でほぼ確実に聞かれるのは以下の質問です。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいですか? 回 ...

-就活準備
-,

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.