就活準備

本当に正社員は良いのか?正社員のメリット・デメリット全解説

投稿日:

既卒の意味とは、既卒の定義とは?

正社員が最も良い漠然と考えてはいないでしょうか?

もちろん正社員には正社員なりのメリットがあります。しかしデメリットも確実に存在し、人によっては派遣社員や契約社員などで働く方が向いている場合もあります。

ここでは、正社員のメリットとデメリットを可能な限り紹介します。自分は本当に正社員が合っているのか? この判断をするための一助となればと思います。

もし正社員が合っていないと思うのであれば、他の雇用形態で働くことも考慮するべきです。

正社員のメリット

正社員のメリット

雇用が安定している(クビになりにくい)

派遣社員、契約社員、アルバイト・パートなどの雇用形態は、1年や2年など、契約期間が決まっています。期限を迎えた場合は、従業員と雇用側(企業)がお互い合意すれば契約を更新することができます。

3年や4年、同じアルバイトを続けたことがある方なら、一度や二度、契約更新の手続きを経験したことがあるでしょう。派遣社員や契約社員でも同じように、期間満了時に契約更新をすることで、同じ場所で働き続けることができます。

しかし、従業員が契約更新を望んでも、雇用側(企業)が契約終了を望めば、辞めなければいけません。雇用期間満了を迎えるたびに、仕事を続けられるのか、続けられないのか、といった不安を抱えることになるのです。

また会社の経営が傾き、人員削減をする場合、まず対象となるがアルバイトや派遣社員などの非正規社員です。

一方、正社員は契約期間が決まっていません。業務違反、法律違反、会社が潰れるなど・傾くなど、特別な問題がなければ、定年まで勤められることが保証されているのです。

「正社員が安定している」と言われるのはこのためです。

もちろんの会社が傾いた時はリストラの対象になったり、自主退職を促される場合もあります。それでも非正規社員より、寿命が長いことは間違いありません。

  • 原則無期限で雇用してもらえる
  • 非正社員に比べ、正社員の方が、人員整理の対象になりづらい

この二つが、正社員が安定していると言われる理由です。

ボーナス、退職金、昇給、特別手当など賃金面でメリットがある

アルバイト・パート、派遣社員、契約更新の際に時給を数十円~百円程度上げてもらえる場合もありますが、めったなことではありません。また契約社員も同様です。

契約社員や派遣社員のような非正社員は、基本的にボーナスや退職金はもらえません。(企業によってもらえる場合もある)

一方、正社員は昇給のチャンスが多くあります。勤続年数に応じて昇給があるのはもちろんのこと、役職が付けば役職手当がつきます。

営業職の場合は、成果に応じて給料がプラスされる場合もあり、外資系保険の営業マンや投資用不動産の営業マンなどのなかには月数百万稼ぐ人もいます。

その他、残業手当、出張手当、家賃補助、賞与(ボーナス)、退職金もあり、金銭面でのメリットが多くあります。

スキルアップになる仕事、責任のある仕事に携われる

派遣社員、アルバイト・パート、契約社員は、作業的な仕事を任されたり、ミスしても大事には至らないような責任の小さな仕事です。

一方、正社員は会社の経営に関わるような大きな仕事を任されたり、従業員の管理を任されたり、責任がある程度大きな仕事を任される場合があります。

もちろん最初は、アルバイトでも変わらないような小さな仕事をコツコツこなしていくことになるのですが、3年目や4年目からは管理職を任されたり、大きなプロジェクトに参画させてもらえる場合あります。

一筋縄ではいかない難しい仕事を任されることもあり、精神的な負担も大きいことは間違いありません。責任の大きな仕事をしてみたい、管理職を経験してみたい、スキルアップしたい、という方であれば正社員になるメリットは大きいでしょう。

逆に、あまり責任の大きな仕事はしたくない、仕事はお金のための割り切って気楽に関わりたい。などの願望がある方にとってはデメリットになるでしょう。

転職する時に正社員経験は評価されやすい

企業の選考を受ける際、非正規で働いた経験よりも、正社員で働いた経験の方が評価されやすいです。正社員は、仕事の責任が大きい、任される仕事の幅が広い、などの理由からです。

ただし状況によっては、非正規でも評価される場合があります。

例えば営業職に応募する場合、正社員として働いてきたが事務の仕事しか経験していない人と、アルバイトだけど営業の経験が豊富な人であれば、アルバイトの人の方が評価される場合があります。

どんな仕事に転職するかによって評価は変わりますが、今後どんな仕事に就くか分からない、色々な仕事を経験しながら自分の適性を見極めたいなどの方は、正社員になっておいた方がいいでしょう。

福利厚生を受けられる

アルバイトや契約社員でもあっても福利厚生を受けられる場合がありますが、限定的です。一方正社員であれば、福利厚生をフルに受けられます。

例えば、住宅手当、家賃補助、社宅、厚生年金保険、社会保険、退職金、企業年金、資格取得手当、子育て手当など、企業によって様々ですが、金銭的なメリットがある福利厚生もあります。

その他、社会保険や厚生年金保険料、所得税の支払は給料から天引きして会社が代行してくれます。アルバイトや個人事業主の場合は自身で支払い手続きを行う必要がありますが、このような面倒な作業が無くなるのも正社員のメリットです。

社会的信用が高い

日本においては、正社員が最も社会的信用度が高いといえます。

クレジットカードの審査は正社員の方が通りやすいです。男性の場合は、婚活市場において、自営業やアルバイトよりも、正社員の方が評価されます。

世間からは、正社員であれば「まともに働いている」となりますが、その他の非正規雇用の場合は「ふらふらしている」と判断されてしまいます。

もちろん正社員になったからといって一生安泰とは限りません。アルバイトだから不安定、稼げない、将来を考えていない、などと判断することはできません。

しかし、世間的には、いまだに正社員の評価が最も高くなっています。正社員になれば、そういった目に見えない信用も得られるのです。

正社員のデメリット

正社員のデメリット

正社員にはデメリットもたくさんあるため、誰もが正社員で働くのが良いとは限りません。人によっては、派遣やアルバイトの方が幸せな人生を送れる場合もあります。

自分が今後どんな生活を送りたいか、どんな人生を歩みたいのかをしっかりと考えた上で、正社員か非正社員かを決めなければいけません。

フルタイムの勤務、残業、休日出勤がある

正社員は基本的にフルタイムでの勤務が求められます。

職種によって若干異なりますが、基本的に週5日、1日8時間勤務です。それに加えて残業や休日出勤が発生することも当然あります。残業手当がつけばいいですが、サービス残業を強いられることもあります。

また、休みづらい雰囲気のある企業であれば、有給休暇を消化できない場合もあります。長期休暇を取ることは難しくなります。

ホワイト企業に入社できればいいのですが、そんな保証はどこにもありません。

逆にアルバイトや派遣社員、契約社員であれば、基本的に残業ありません。休日出勤もありません。フルタイムで働かなくても週3、週4勤務も可能です。

ブラックバイトが問題になることもありますが、アルバイトであれば簡単に辞めることもできます。アルバイトであれば、すぐに他のアルバイトを探すことも難しくないでしょう。

時間に融通の利く働き方、ゆとりを持った働き方ができるのは、非正規社員です。

採用のハードルが高い

正社員はアルバイトや契約社員、派遣社員に比べて採用のハードルが高いです。

これは一度採用したら辞めさせるのが困難、責任ある仕事を任せられる人材でなければいけない、などの理由から採用には慎重になるからです。

そのためスキルや経験、資格、ポテンシャルなど、様々な要件が求められます。就活をすれば、採用よりも不採用の数の方が圧倒的に多くなります。

ただし、20代であれば、資格や経験がなくても正社員として採用してくれる企業はたくさんあります。現在既卒、フリーターの方で正社員就職を目指している方は、早めに就活を進めるようにしましょう。

辞めづらい場合がある

正社員であっても、辞める、辞めないは本人の自由です。会社側は本人の意思に反して働かせることはできません。

しかし正社員は責任の大きな仕事を任され、自分の仕事を引き継げる人がいない場合、心理的に辞めづらい場合があります。短期で退職を申し出る場合は、「今辞められると採用にかけた費用が赤字だ」「せっかく採用してやったのに」などと上司から文句を言われる可能性もあります。

派遣やパートであれば、契約満了ともにスパッと辞めることができますが、正社員だとそう簡単に退職できないことがあるのです。

しかし最初に述べた通り、正社員であっても辞める、辞めないは本人の自由です。仕事の状況がどうであれ、上司に何を言われようとも、辞めることは可能です。本当に仕事を辞めたい時には強引退職手続きを進めるようにしましょう。

副業ができない場合がある

最近では、副業を認める企業も増えてきましたが、依然として副業禁止としている企業が多数派です。また副業を認めていても、会社として歓迎していない場合がほとんどです。

会社にバレないように副業をすることもできますが、税金の申告や各種手続き、活動範囲などの心配をしないといけません。

副業の収入とアルバイトの収入で充分に生活できるなら、無理に正社員を目指す必要はないでしょう。

正社員に向いている人・向いていない人

正社員に向いている人

  • 昇給やボーナスでたくさんお金を稼ぎたい人
  • 責任の大きな仕事、スキルアップに繋がる仕事に携わりたい人
  • 福利厚生をしっかり受けたい人
  • 一つの会社で長く働きたい人

正社員に向いていない人

  • 残業や休日出勤がなく、余裕を持った働き方をしたい人
  • 責任の大きな仕事はやりたくない人
  • 状況に応じ簡単に辞められる働き方をしたい人
  • 将来、起業や個人事業主を目指している方

正社員を目指すならサポートがある就職支援サービスを使う

就職エージェントと面談
20代あるならば、スキルや経験、資格がなくても正社員として就職できます。正社員就職を目指す際は、就職支援サービスを使えば、自力で就活するよりも圧倒的に、楽に就活ができます。

就職支援サービスはエージェントなどとも呼ばれるもので、プロのキャリアアドバイザーが就活を全面的にサポートしてくれるサービスです。

既卒・フリーター専門のだと、【 就職Shop 】【 ウズキャリ既卒 】といったものが就職支援サービスにあたります。

利用する具体的なメリットは以下の通りです。

就職支援サービスを利用するメリット

  • 既卒・フリーターが採用されやすい企業を紹介してくれる
  • 優良企業だけを厳選して紹介してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方を教えてくれる
  • 面接のアドバイスをくれる
  • 企業に推薦してくれる

その他、利用する就職支援サービスによっては、書類選考なしで面接させてくれるものもあります。

求人だけを掲載した求人サイトやハローワークを使うよりも、確実に就活が楽に進むので、正社員就職を本気で目指すなら絶対に利用するべきです。

既卒・フリーター専門の就職支援サービスはいくつかあるので、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。

※以下のページでは既卒向け就職支援サービスをまとめています

既卒専門就活サイト
【既卒者専門】のおすすめ就活支援サイト5つを紹介!

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

続きを見る

正社員がいいかどうか分からないなら、とりあえず正社員になっておく


正社員として働くのが自分にとって良いのか? それとも非正規社員の方が合っているのか?

この疑問について答えを出せない状況である場合は、とりあえず正社員になっておくことをおすすめします。

今、正社員を経験しておけば、10年後、20年後、アルバイトや派遣社員として働くことは簡単なことです。

逆に、アルバイトや派遣でした働いた経験がない場合、10年、20年後に正社員として就職するのは困難です。

とりあえず正社員として働いておけば、別の企業に正社員として転職することも、アルバイトとして働くことも、起業することも、フリーランスになることも可能です。将来、様々な選択肢を持てるのは正社員です。

正社員が合っているのかどうか、明確な答えを今、出せないのであれば、とりあえず正社員として就職しておくことをおすすめします。

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問はこちらです。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいで ...

-就活準備
-

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.