面接対策

【既卒就活】面接で聞かれる内容・質問集【各質問に対する答え方と注意点】

更新日:

既卒面接
既卒採用の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問はこちらです。

  • なぜ既卒になったのですか?
  • なぜ就職しようと思ったのですか?
  • 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機)
  • どんな仕事をしたいですか?
  • 回答内容に対する質問
  • 最後に何か質問はありますか?(逆質問)

このページでは上記の定番質問の回答法や、質問に隠された意図などを紹介します。面接を突破するために、確実な対策をしておきましょう。

なぜ既卒になったのですか?

既卒でも正社員になれます

既卒になってしまった理由は何でも構いません。大切なのは、以下の2点をしっかり語ることです。

  • 「なぜ、新卒の時に内定をもらうことができなかったのか?」「どうすれば内定をもらえたのか?」を自分なりに分析し語る
  • 過去の自分と比較し、「今の自分はどう変わったのか・どう変わろうとしているのか」を語る

「過去の自分と今の自分はどう変わったのか」
「どう変わろうとしているのか」

これを具体的に説明することができれば、いい印象を与えることができるはずです。

※詳しい回答方法は以下のページで解説しています
「なぜ既卒になった?」面接で既卒になった理由を聞かれた時の答え方

なぜ就職しようと思ったのですか?

安定志向
既卒になった理由と就活を始めた理由はセットで答えることになります。お金のため、世間体のため、が就職理由の人もいるかもしれませんが、それをそのまま伝えてもあまり良い印象を持たれません。

そのため面接では

「社会に出て色々なことを学びたいと思ったから」
「アルバイトより正社員として働いた方が色々なスキル・経験を積めると思ったから」
「将来的に起業したいので、そのためにスキルを身に着けたい」

といったように、成長意欲があることをアピールできるような回答をした方がいいでしょう。

弊社を志望している理由を教えてください

志望動機

志望動機は、「業界の魅力」「応募企業の魅力」「職種の魅力」この三つを意識しながら、応募企業で自分がどのように活躍できるかを伝えるようにしましょう。

また、「大手だから」「残業があまりなさそうだから」「給料が良いから」といったように待遇面や会社規模を志望動機として語るのは印象が良くありません。

安定志向の人は「あまり頑張らない」「自分がやらなくても他人がやってくれる」という考え方を持っていると思われます。また、待遇面ばかり語ると労働意欲を疑われます。

志望動機では、自分のメリットばかり語るのではなく、自分を採用することで企業にどんなメリットがあるのかを、イメージさせることが大切です。例えば、「大学で学んだ金融の知識を活かせる」「営業アシスタントのアルバイト経験が生かせる」などです。

ただし「大手だから展示会に一番大きなブースを出せる、その展示会でマーケティングを実践したい」という回答であれば納得してもらえるでしょう。

【回答例】
「大学在学中は希望の企業から内定をもらうことができませんでした。大変残念でしたが気持ちを切り替え、悔しさをバネに、実績が明確に表れる営業職として頑張りたいと考えていたところ、御社の求人を拝見し、大学で金融を学んだことを活かせると考えました。未経験の言葉に甘んじることなく、営業職として成果を出せるように頑張ります」

どんな仕事をしたいですか?

やりたい仕事
弊社でどんな仕事をしてみたいですか?
どんなサービスを初めてみたいですか?

といった質問です。

どんな仕事をしたいかについては、今あるスキル、自分の強みと関連させて話すと効果的です。面接官に、自分のやりたいことを具体的にイメージさせることができます。

これまでアルバイトで経験してきたこと、大学で勉強してきたこと、サークル・部活で経験してきたことの中から、“自分を活かせると思う仕事” “その根拠” を具体的に伝えましょう。

回答内容に対する質問

仮の条件
その他、自分が答えた内容に対して様々なツッコミが面接官からあります。

インターンネットサービスの企業であれば好きなWEBサイト・サービス、アプリなどを聞かれることがあります。

しかし受ける業種、職種、企業、面接官によって質問内容を全く違うので対策のしようがありません。

それまで答えてきた、既卒になった理由や志望動機と話の筋を通せるようにしっかりと自己分析と頭の整理を行っておきましょう。

最後に質問はありますか?

最後の質問 面接官
面接の最後に100%聞かれるのが「最後の質問はありますか?」という質問です。

気が緩んで下手な質問をしてしまうと、それまで完璧にアピールしてきたことが台無しになってしまうので、しっかりと対策をしておくべきです。

注意すべき点としては

  • 残業時間や、求人出勤など、ネガティブな質問はしない
  • 業種、職種に関係ない質問はしない

ということです。

求職者に与えられた唯一の質問時間ではありますが、この時間は「自己PRの時間」と考えましょう。

※具体的な回答方法などは以下のページをご覧ください
「最後に質問はありますか?」既卒の面接で質問された時の回答のポイント

その他、聞かれる可能性のある質問

不採用になったらどうしますか?

応募者を圧迫するような質問です。この質問をされたからといって不採用が決まったというわけではないので、冷静に対応しましょう。

面接官がこの質問を聞く理由は、応募者を動揺させて、入社意欲が本物かどうかを確かめるためです。そのため入社意欲のアピールとなる志望動機を語るのがベストです。

面接の終盤に聞かれる質問なので、それよりも前に志望動機を語っていると思います。しかし、ここでは全く同じ志望動機を語るのではなく、違った角度からの志望動機を語りましょう。

成功した経験はありますか?

バイト先で優秀接客賞をとった、ゼミの論文コンテストで賞をとった、などスケールの大きい成功体験を無理やり語ろうとする必要はありません。

アルバイトや部活、サークル、趣味など何でもいいので、ありのままの成功体験を語りましょう。

成功体験を語る際は、以下のポイントをまとめましょう。

  • 成功に至るまでの努力
  • 成功をどう捉えているか
  • 成功から何を学んだのか

失敗した経験はありますか?

失敗談を語る際には、必ず、

「失敗から何を学んだのか?」
「失敗にどう対処したのか、どう乗り越えたのか?」

この2つを含めて回答するようにしましょう。

また、「アルバイト先に芸能人が来た時、そのことをツイッターに公開したら問題になってしまった」といったような、洒落にならないような失敗談は語ってはいけません。

家電に例えると何だと思いますか?

家電ではなく、動物や食べ物に例えるパターンもあります。

答えるべきは、「どんな家電か?」ではなく、「なぜその家電なのか?」についてです。

とっさに思考を働かせ、自分の特徴と、そのモノの特徴との類似点を見つけ、自己アピールしなければいけないので、難易度の高い質問です。

しかし、自己分析をしっかりとしておき、自分の特徴をしっかりと把握できていれば、回答できるはずです。

今日の新聞で気になったニュースはありますか?

この質問の回答で重要なのは、「どんなニュースについて回答するか」ではなく、「なぜ、そのニュースを選んだのか?」です。

そのため基本的にどんなニュースについて回答しても問題はありません。ただし、芸能ネタは避けましょう。

また、新聞を読んでいない場合は、素直に「読んでいません」と回答し、その後に、テレビやネットで気なったニュースについて回答するようにしましょう。

家が遠いようですが通勤は大丈夫ですか?

当然、「通勤できません」と回答してはいけません。

面接官が知りたいのは、業務に支障なく通勤できるかどうかです。

問題なく通勤できることを伝えましょう。例えば、「大学時代は、片道1時間半の通学を続けておりました。4年間で遅刻をしたことは一度もありません」といったように回答するといいでしょう。

当社について知っていること、調べてきたことはありますか?

どれぐらい情報収集ができているかによって、面接官は応募者の入社意欲を判断します。

ここでは、求人サイトや企業ホームページから得られる情報だけしか回答できないと、「志望意欲はその程度か」と思われ評価も下がります。

逆に、店舗訪問、会社説明会、セミナー参加、IR情報、社長ブログなどから得たリアル感のある情報を披露できると、評価はグッと上がります。

集団の中ではどのようなポジションですか?

面接官が知りたいのは、「応募者が組織に溶け込めるかどうか」「自分を客観視できているか」の2つです。

リーダー的役割の方が重宝がられる場合がありますが、嘘だとバレれば評価は下がります。

素直に、自分がどういった役割を担うことが多いのかを回答しましょう。

他社への応募状況と選考の進み具体を教えてください

他の企業から内定が出ている場合は正直に答えて問題ありません。

また他に、応募している企業を答える時は、業界、業種、職種に一貫性を持たせるようにしましょう。

例えば、不動産関係の企業の面接で

「御社の他に、アパレル業界の企業を1社、金融関係の会社を1社の選考に進んでおります」

といったように、応募業界に一貫性がない回答をすれば、志望意欲を疑われます。

その他、不採用となった企業のことについては、言及する必要はありません。

大病を患った経験、持病などはありますか?

面接は率直に、勤務・業務に支障がでる可能性がある、持病、後遺症を持っていないかどうかを確かめるためにこの質問をします。

正直に回答した上で、大病を患った経験、持病がある場合は、業務に支障がないことを伝えましょう。

人間関係で困ったこと、トラブルがあったことはありますか?

上手くコミュニケーションをとって仕事ができるかどうかを確かめるための質問です。

その他、人間関係に対する向き合い方で、「仕事に対する姿勢を確かめたい」という意図もあります。

「ある」「ない」だけではなく、その理由も回答するようにしましょう。

「人間関係に困ったことがある」と回答する場合は、人間関係で辞めない、ということをアピールするため、トラブルの原因や、解決するために取った行動を伝えましょう。

就職エージェントを使えば徹底的に面接対策ができる

ここまで紹介してきたのは、あくまで典型的な質問例です。実際には、業界や職種、企業によって質問は様々で100%把握することは不可能です。

しかし就職エージェントを利用すれば、下記のようのなサポートを受けられます。

・過去に面接を受けた人が、どのような質問を受けたのかを教えてくれる
・模擬面接をしてくれる
・志望動機や自己PRのコツを教えてくれる

特に、既卒専門の就職エージェントである【 ウズウズキャリアセンター 】では、応募する企業ごとに時間をかけて面接対策を実施してくれるので、面接に悩んでいる方におすすめです。

自力で面接対策をするよりも就職の専門家の力を借りた方が、圧倒的に効率的であり、内定をもらえる可能性も大幅に高くなります。

※プロの就職サポートが受けられる就職エージェントこちら

既卒専門就活サイト
【既卒者専門】のおすすめ就活支援サイト5つを紹介!

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

続きを見る

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

既卒向け就活エージェント 2

「履歴書・職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何を話せばいいのか分からない」 「向いている仕事が分からない」 このような悩み・不安をマンツーマンのサポートによって徹底的に解決してくれる既卒専門の ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問はこちらです。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいで ...

-面接対策
-

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.