面接対策

【これまでの経歴・志望動機・自己PR】既卒面接で聞かれる定番質問の答え方と回答例

更新日:

既卒就活面接
面接で聞かれる定番の質問と言えば、「これまでの経歴」「志望動機」「志望動機」です。この質問に対して、正社員経験のない既卒者はどのように回答していけばいいのか。回答例と回答のポイントについて具体的に解説していきます。

これまでの経歴

経歴
大学では何を学んできたのか、アルバイトは何を経験したのかなど、これまでの経歴は必ず聞かれます。ここで注意しておくべきことは、履歴書・職務経歴書をそのまま読み上げるだけではけないということです。

面接官は履歴書・職務経歴書の信憑性を確かめるために経歴を面接で質問します。そのため面接では「応募企業が求めている実務スキルとヒューマンスキル」を強調して回答するようにしましょう。

簡単に言うならば、「応募企業が求める人物像と合致した人間である」ことを語ればいいのです。

応募企業で生かせる経験を語る

応募企業で生かせるスキル、経験があるなら絶対に伝えましょう。効果的なアピールにあります。

例えば、WEB広告会社に応募する場合、アルバイトなどでホームページの作成や更新、マーケティングの企画などを経験しているのであれば、その経験は絶対にアピールするべきです。また、接客のアルバイトなどを通してビジネスマナーを身につけたのであれば、その経験もアピールしましょう。

直接関連するスキルや経験でなくても、汎用できる経験をアピールすれば、好印象を持ってもらえます。

回答例

【例1】
「引越のアルバイトをしていました。荷物にはお客様の大切なものが詰まっているという意識を持って仕事をしていたところ、『きめ細かい心配りに感動した』とお褒めの言葉をお客様から頂き、お客様を喜ばせる仕事にやりがいを感じるようになりました。今後はアルバイトで培った経験を生かしたいと思います」
【例2】
「公務員試験の勉強に打ち込みましたが合格できませんでした。当初から2年間と決めており、現在悔いはありません。大学時代から塾でアルバイトをしており、授業だけでなく、ご両親との面談や受講生増加のための販促ツール作成、説明会の企画を行いました。今後は塾のアルバイトで培った経験を生かしたいと思います。」

志望動機

志望動機を語る
志望動機は、応募者個人の動機を問われているので、「給料が良い」「休みが取れる」、待遇面や労働環境に魅力を感じているなど、応募者個人にメリットのある内容でも問題と考えるかもしれません。

しかし、面接官は、個人的なメリットだけを前面にだした志望動機に好感を持ちません。個人に関わる理由に加えて、今までの経験を生かして貢献していきたいこと、応募企業だからこそ入社したいという強い気持ちを回答することが大切です。

企業研究が重要

他の企業でも利用できるような志望動機を語っても好印象につながりません。応募企業の特徴や独自性を理解している必要があるため、企業研究が不可欠です。

企業HPや求人広告はもちろんのこと、企業の商品やサービスを実際に利用したり、店舗があるなら店舗を訪問したりすることも大切です。また人材紹介(就職エージェント)を利用しているなら、担当のアドバイザーに応募企業の特徴を詳しく聞いておきましょう。

企業研究は「応募企業だからこそ入社したい」という強い気持ちを語る上で大切です。また魅力的な志望動機を語ることができれば、面接官も「この人は活躍してくれそうだ」と思ってくれるでしょう。

回答例

「大学時代より、アプリ業界に興味を持ち、就職活動をしましたが、専門知識やスキルが不足しているため採用に至りませんでした。卒業後、どうしてもアプリの開発の仕事に携わりたいと考え、独学で勉強し、アプリを自作し、いくつか実際にリリースしました。御社の求人を拝見し、「失敗を恐れない」という社長の言葉に感銘を受けました。不足しているスキルや知識は、自主的に高めていき、一日でも早く戦力として活躍したいと考え志望しました」

自己PR

既卒の就活 (4)
自己PRでは、応募企業で生かせるスキルや経験を少しでも保有していることをアピールしましょう。

社会人経験のない既卒者とはいえ、企業側は一日でも早く戦力になって欲しいと思っています。「自分はすぐに戦力になれる人材である」ことをアピールすることが重要なのです。

アルバイト経験やサークル、ゼミの活動でも何でもいいので、応募企業で生かせるスキルや経験を語りましょう。

回答例

不動産営業のアシスタントとして、2年間アルバイトを経験してまいりました。営業資料の作成が主の仕事ではありましたが、時には先輩社員とお客様の前に出向くこともあり、先輩社員が営業するのを横目に、営業の流れやノウハウ、トーク術、ビジネスマナーを学びました。

御社の仕事でもこの経験を生かし、また足りない知識は補い、一日でも早く戦力になれるように精進していきます。

就職エージェントを使うと就活が楽になる

「既卒向け求人の探し方が分からない」
「履歴書の書き方が分からない」
「面接が不安」

就活に不安や疑問があるなら、就職エージェントを利用するべきです。

就職エージェントを利用すれば、既卒就活専門のキャリアアドバイザーがあなたの就活を何から何までサポートしてくれます。

履歴書を添削してくれたり、面接のアドバイスをもらえたり、既卒が入社しやすい企業を紹介してもらえたりするので、就活がかなり楽になります。

※既卒専門就職エージェントはこちら

既卒専門就活サイト
【既卒者専門】のおすすめ就活支援サイト5つを紹介!

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

続きを見る

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

書類選考なしの既卒向け就職サイト 2

なかなか書類選考が通過できない。 履歴書・職務経歴書の書き方が分からなくて就活を挫折した。 そんな既卒、フリーターの方が今すぐ行うべきこと。 それは「書類選考なしで面接を受けられる就職エージェントを利 ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問はこちらです。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいで ...

-面接対策
-

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.