企業研究・求人票の見方

【既卒就活】ベンチャー企業のメリット・デメリットまとめ

投稿日:

ベンチャー企業のメリット、デメリット
既卒の就活では、比較的大企業の求人が少なく、ベンチャー企業や中小企業の求人が多く、ベンチャー企業に入社を考えている方も多いと思います。

そこでこのページではベンチャー企業とはどのような場所なのかについて、ベンチャー企業のメリット、デメリットを通して紹介したいと思います。

ベンチャー企業のメリット

ベンチャー企業のメリット

スキル、経験が圧倒的速さで身につく

大企業の場合、新入社員研修を長い時間かけて行います。なかには半年、1年間も研修を行う企業があるほどです。しかも業務は細分化されており、雑用のような仕事を何年も続けなければいけません。

また、その企業でしか通用しないスキルしか身につかず、転職しようと思っても雇ってくれる企業が見つからない、という話をよく耳にします。

人の少ないベンチャー企業は大企業とは違い、実際の業務を通して仕事を覚えていきます。

また、業務の量も多く、新しい仕事をどんどん任されるので、ものすごい勢いでスキルを身につけることができます。

前例のない仕事に挑戦しなければならない時もあり、自らで試行錯誤して仕事を成功させていかなければいけません。

精神的に追い込まれることもありますが、貴重な経験を積めることは間違いありません。大企業に10年勤めていてもできない経験をベンチャー企業では、1年で経験できるといっていいぐらいでしょう。

裁量権の大きい仕事を任せてもらえる

裁量権とは、業務の進め方や業務の完了などを決める権利のことです。簡単に言うならば仕事を自由に進められる権利のようなものです。

大企業であれば、新入社員の頃は仕事の裁量権がほとんどなく、上司の指示に従って仕事を進めていくことになります。「裁量権を持って仕事をしたい」という理由で大企業を辞める人がいるほど、この裁量権は仕事からやりがいを見出す上で大切な要素となっています。

人が少なく、業務量の多いベンチャー企業では、入社1年目であっても仕事に慣れると裁量権を持たせてもらえます。

仕事の進め方はすべて自分で決め、最終チェックだけ上司にもらう、という流れで仕事ができるようになるのです。

裁量権が大きければ、当然、仕事から感じられるやりがいも大きくなります。仕事にやりがいを求めるなら、大企業よりもベンチャー企業が断然おすすめです。

ベンチャー企業のデメリット

ベンチャー企業のデメリット

忙しい場合がある

「ベンチャー企業は忙しい」というイメージを漠然と持っている方もいると思います。

確かにベンチャー企業の中には、朝から晩まで、寝る間もなく仕事をしている企業があります。しかし、忙しいのはほんの一部で、すべてのベンチャー企業が忙しいというわけではありません。

むしろ、大企業と同じような勤務体系の企業がほとんどでしょう。

ベンチャー企業でも、業種や職種、企業規模、従業員数によって仕事の忙しさは変わります。ベンチャー企業だからといって、必ずしもハードワークを覚悟しなければいけない、というわけではないのです。

組織が未整備

創立3年ぐらいのベンチャー企業に見られる特徴ですが、組織が未整備な場合があります。

例えば、業務マニュアルがなく、わからないことは先輩、上司に聞かざるを得ない場合があります。もしくは、自力で結果を出す方法を模索していかなければいけません。

また、人事部、経理部が存在しておらず、社長や一般社員がそれらの業務を兼任している場合があったり、経費の処理や、業務に必要な備品の準備、健康保険、雇用保険などの申請を自力でしなければいけなかったりする場合があります。

ただし、すべてのベンチャー企業が組織が未整備というわけではありません。大企業と同程度に組織が整ったベンチャー企業もあります。

潰れる可能性がある

大企業であっても、潰れるリスクはあります。そうは言ってもやはり、ベンチャー企業の方が倒産するリスクは高いです。

採用活動を行っている企業であれば、ある程度の事業が軌道に乗っているので、入社後、すぐに潰れることはないでしょう。

しかし3年後、5年後、10年後となると話は別です。やはりベンチャー企業に入社するなら、ある程度、潰れる可能性を考慮しておいた方がいいでしょう。

ただし、ベンチャー企業でしっかりと経験、スキルを積んでおけば、会社が潰れたとしても転職先を見つけることができるはずです。

この点を考慮すれば、その企業でしか働けない大企業よりも、安定していると言えるかもしれません。

ベンチャー企業といって様々

ベンチャー企業といって様々
ベンチャー企業のメリット、デメリットを一通り紹介してきましたが、すべてのベンチャー企業に当てはまることではありません。

前述しましたが、忙しいベンチャー企業もあれば、忙しくないベンチャー企業もあります。

ベンチャー企業の実態をさらに詳しく知るためには?

応募を考えている企業がどのような企業な企業なのか、忙しい企業なのかどうなのか、といった企業の実態を知るのであれば、就活のプロである就職エージェントに相談してみることをおすすめします。

就職エージェントを利用するとプロのキャリアアドバイザーが、企業について詳しく教えてくれます。企業の社風や雰囲気、働き方など、色々な情報を教えてくれます。

また、面接対策や履歴書の添削といった就活サポートも受けられるので就活がとても楽になります。

以下のページでは既卒向けの就職エージェントをまとめて紹介していますので、是非、参考にしていただければと思います。
面接・履歴書・就活のアドバイスがもらえる【既卒専門】就職エージェントを3社紹介!

人気のまとめ記事

既卒専門就活サイト 1

「既卒が正社員として就職できる企業を探したい!」 「職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何をアピールすればいいのか分からない」 このような悩み・不安を解決でき、既卒の正社員就職をサポートしてくれ ...

既卒向け就活エージェント 2

「履歴書・職務経歴書の書き方が分からない」 「面接で何を話せばいいのか分からない」 「向いている仕事が分からない」 このような悩み・不安をマンツーマンのサポートによって徹底的に解決してくれる既卒専門の ...

3

既卒者に不足しているビジネスマナーや実務経験を身につけ、正社員として就職を目指せる既卒向け就活サービスを紹介します。 どれも参加費は無料です。なかには企業内実習、事実上のインターンを受けた上で就職を目 ...

既卒の就活 (1) 4

求人探しを行う際に利用できる就職支援サービスは就活サイトだけではありません。あまり馴染みがないかもしれませんが、就活エージェントを利用しても就職活動ができます。 しかも、プロのキャリアアドバイザーによ ...

既卒面接 5

既卒採用の面接で、必ずといっていいほど聞かれる質問はこちらです。 なぜ既卒になったのですか? なぜ就職しようと思ったのですか? 弊社を志望している理由を教えてください(志望動機) どんな仕事をしたいで ...

-企業研究・求人票の見方
-

Copyright© 既卒者向け就職活動支援サイト「ReStart」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.